Lifestyle ライフスタイル

健康だけじゃない、人脈も広がった!?ロバート馬場さんが語る「ぬか漬け生活」の魅力

2015.12.01
実家の味を目指して、3年前からぬか漬けを始めたロバートの馬場さん。ペット感覚で(!)楽しくお世話をしているという「ぬか漬け生活」の魅力をたっぷり語っていただきました!


「ルミネtheよしもと」のライブの合間に、インタビューを受けてくださったロバートの馬場さん。この日のライブのネタは、「人間ドックの検査結果を聞きに来たサラリーマンが、目から血を流している」というもの。次の回でも使う血のりメイクをわざわざふき取り、「せっかくだから」とネクタイを締め、取材に臨んでくださいました。そんなナイスガイな馬場さんは、3年前から「ぬか漬け」を始めたそう。料理男子としても有名な馬場さんに、「ぬか漬け生活」の魅力を伺います。

ぬか漬けを始めたきっかけを教えてください。

元々は、実家でぬか漬けをやっていて、母親の味みたいなのがあるんです。でも、最近はあんまりやっていないみたいなので、あの味を再現したいと思って作り始めました。あと、ぬか床の乳酸菌って、生きてるじゃないですか。だから、毎日世話をしなきゃいけないという、ペット感覚もちょっとありましたね。

乳酸菌がペットですか!? 名前はつけてないですよね?(笑)

ロバート馬場さんのぬか床(撮影:ロバート馬場さん)
ロバート馬場さんのぬか床(撮影:ロバート馬場さん)

3年間ぬか漬けをやっているんですけど、1回ダメにしてるんですよ。そのときに、「死んじゃったな」と感じたので、ペットみたいな感覚もあります。名前は、そう、つけてないんですよね~。取材でそれを聞かれたときに、名前があると面白いなとは思ってるんですけど...。ぬか、ぬか、う~ん、ぬか...。考えときます(笑)

芸能界でも、ぬか漬けが流行っているみたいですよね?

はい、やられている方は多いですよ。紺野美沙子さんや東ちづるさんとは番組で共演しました。バラエティをやっていると、なかなか接点のない方々ですし、大先輩なんですけど、いきなり話が合うっていうのは、ぬか漬けのおかげですね。会話をしてみると、本気でやっている人と営業的にやっている人が、話のトーンでなんとなくわかるんですけど、お二人は本当にすごいですね。

ぬか床を交換することもあるんですか?

ありますよ。浅田美代子さんのぬかは、分けていただきました。35年ものだったかな。そのとき、僕のはまだ2年ものくらいだったので、差し上げることはありませんでしたけど、友達の奥さんからは、「始めてみたいから分けて」とよく言われます。でも、みんな忙しいし、けっこう続けるのは大変みたいですね。

馬場さんもお忙しいですが、大変ではないんですか?

ネギを集めるヘラを使って表面をなでるだけなので、作業的にはそんなに大変ではありません。ぬかって、底からしっかり混ぜなきゃいけない説と、空気に触れている表面だけを混ぜればいい説があるんです。僕のぬかは水分が多いので、水分がたまっている表面だけを1回混ぜて、それから容器の隅のぬかを拭って、ならす感じです。で、たまに漬けているものを出すときに、底からもしっかり混ぜています。

馬場さんのぬか床は水分が多いんですね。

僕のやつは、生姜とか山椒とかをいっぱい入れた、ちょっと酸味のあるタイプで水分が多いんです。だいぶ理想の味に近いですね。でも、夏を越すために塩をたくさん入れたんで、夏越えした後は、あんまりコンディションがよくないですね。だから、ちょっと寒くなってきた今くらいからが、ちょうどいい感じです。

泊りの仕事のとき、お世話はどうしているんですか?

表面をサランラップで覆って空気に触れないようにしたり、野菜室に入れたり、色々対策は用意しています。でもたまに「忘れてた!」ってなることもあるんです。そういうときは、名古屋の仕事で次の日大阪でも、一回東京に帰って、世話をしたりします。前みたいにダメになるとイヤなんで。だから今は、保存用が1個、塩分がすごく多い物が1個、常に使う物が1個の3個体制で臨んでます。

ぬか漬け初心者にオススメの食材を教えてください。

ロバート馬場さんお手製のぬか漬け(きゅうりと人参)(撮影:ロバート馬場さん)
ロバート馬場さんお手製のぬか漬け(きゅうりと人参)(撮影:ロバート馬場さん)

きゅうり、大根、人参ですね。あと、漬ける前に塩でもんであげたりすると、漬かりやすくなるのでオススメです。粗塩で表面に傷をつけるようなイメージです。あとは、変わりダネが欲しいと言われて、こんにゃくを漬けたことがあるんですけど、それもおいしかったですね。

オススメの食べ方ってありますか?

漬け時間を短くしてサラダ的に食べたり、きゅうりや大根のぬか漬けに、ちょっと香りのいいオリーブオイルをかけて食べたりしてもおいしいです。入れっぱなしにしていた古漬けは、細かく刻んで生姜とかと混ぜて、お茶漬けにして食べたりもしますね。あと、九州の郷土料理で、ぬか炊きというのがあって、ぬかでサバを炊いたりするんですけど、それもすごくおいしいですよ。

今のぬか床は、理想に近いとのことでしたが、お母様に分けてあげることもあるんですか?

いや、ないです。母ちゃんが傷つくかなと思って。でも、母親が僕の家に泊まりに来たときに、「ぬか床を混ぜてあげるわ」と言って容器を開けたんですけど、あまりに僕のぬか床が臭くないので、「教えてくれないだろうけど、どうやって漬けるの?」みたいなことは言ってました。だから、母ちゃん的にはどう思ってるのかなとは思います。

これからぬか漬け生活を始めたい人に、アドバイスはありますか?

ロバート馬場さんお手製のきゅうりのぬか漬け(撮影:ロバート馬場さん)
ロバート馬場さんお手製のきゅうりのぬか漬け(撮影:ロバート馬場さん)

今は、漬けられる状態で売っているキットとかもありますし、気軽に始めてもらいたいですね。グリーンスムージーとかを作るより、よっぽどラクだと思いますよ(笑)。ニオイが気になる人もいるかもしれないですけど、僕はずっと換気扇を回しっぱなしにしていて、換気扇の真下に容器を置くようにしています。色々な所に置いてみて、「ここならリビングまでニオイが来ないな」とか試してみるといいと思います。あと、入れ物はホーロー容器がオススメです。場所をとらないし、浅くて広いので、長い物も漬けやすいです。それに、ぬかにはビタミンB1やたんぱく質、食物繊維、カルシウム、鉄などがたくさん入っているので、健康にもダイエットにも肌にもいいです。漬けるだけで野菜の栄養価もアップするので、忙しい女性にこそオススメです。

最後に、毎日家事や仕事を頑張るmaico読者に、エールをください!

一人暮らし歴16年で、掃除、洗濯、料理も全部やっているんで、大変さはよく分かります。でも、洗濯や掃除が、仕事の息抜きになることもあると思うので、ほどよく手を抜きながら行うといいかなと思います。僕もお笑いが苦手で頑張ってるんで(一同笑)、お互い頑張りましょう!
Photo:Kayo Takashima