Hair & Make ヘア・メイク

選び方、塗り方、塗り直し…もう悩まない!日やけ止めの賢い活用術8か条

2015.08.18
強い日差し、サングラスと日やけ止めで紫外線対策

強い日差しにクラクラしそうな毎日が続きますが、みなさん紫外線対策は万全ですか?
顔はしっかり日やけ止めを塗っていても、デコルテや腕・脚など露出しているところは忘れがち。そのため、後で真っ赤になってしまうことも。 美白肌の秘訣は、顔やからだ、SPFやPA値など様々なシーンによって使い分けること。

そこで今回は、スキンケアのプロであるコーセー 商品開発部・下国良子さんに、白肌を守り抜く賢い日やけ止めの使い方について伺いました。

1か条:テクスチャーの特長を知り、好みで選ぶ

手の甲にもしっかり日やけ止めを塗る

以前はミルクタイプが主流だった市場に、今では様々なテクスチャーが登場しました。
最近特に人気が高まっているのがジェル。みずみずしく潤い感があるのにベタつかず、白くなりにくいのが特長です。使用感の良さから、多くの方に支持されています。

そのままのばせる乳液状のミルクは、うるおい感があり、しっとりなめらかな感触。振って使うタイプのミルクは、汗・皮脂に強いウォータープルーフタイプが数多く発売されています。フェイス・ボディの両方に使用可能なものが多いので、レジャー用に1つ持っておいてもGOOD。
乾燥が気になる方は、コクのあるクリームタイプが良いでしょう。

2か条:SPFとPAのシーン別適正値を知る

太陽の光をしっかり浴びる夏のレジャー・海水浴を楽しむ女性2人

日やけ止めにはSPF値とPA値があり、どちらも紫外線をどのくらいカットできるかを表す数値です。
SPFを重視しがちですが、実はPAの値もとても大切。
SPFは、紫外線UV-Bが表皮細胞を刺激し、日やけする(シミや肌が赤くなる炎症)ことを防ぐ指数。PAは、紫外線UV-Aが真皮まで侵入し、コラーゲンなどを変性させ、シワやたるみなどが起きることを防ぐ指数です。

現在、国内最高数値は"SPF50+、PA++++"です。ご自身の生活シーンや、活動する時間帯や場所によって適切なSPF・PAの目安がありますので、目的や使い心地、紫外線に対する肌の敏感度なども考慮した上で、お選びください。

シーン別の選び方詳しくはコチラを
http://shop.maihada.jp/skincaresolution/study/uvrays/

3か条:顔とからだで日やけ止めは使い分ける

「顔・からだ用」と記載されている商品は、もちろんどちらにも使用できます。
顔とからだそれぞれに特化したプラスαのメリットを重視したいなら、顔は顔用、からだはからだ用と記載された製品を使うことをおすすめします。

顔用なら、下地効果がプラスされているタイプもあります。日やけ止めと下地が1本で済めば、その分重ねる層が薄くなり、メイク崩れしにくくなります。肌色を明るく見せる、皮脂を吸着し毛穴をカバーするなど様々な効果がありますので、肌悩みによって選びましょう。

からだ用は、広い範囲にも使いやすいようにさっとのびて広がるテクスチャーが特徴です。ジェルやミルクなど、みずみずしいタッチでベタつかないものが増えているので、ストレスなく全身に塗ることができます。

4か条:適量&重ね塗りで塗り残しナシ

からだもしっかり日やけ止めを塗っている女性

ジェルの場合は、顔用としてはパール粒1個くらいを目安に、顔全体にのばし、塗り忘れがないようにしましょう。
特にひたいや鼻筋、頬など、顔の中でも高さのある部分は日やけしやすいパーツ。ムラを防ぐためにも、重ね塗りがおすすめです。塗り忘れやすい、眉の間や髪の生え際、耳の後ろ、えり足なども要注意!

からだ用は、容器から直接肌の上に線上にとり(腕:1本、足:2本)、手のひらで大きく円を描くようにムラなくなじませます。首まわりりやデコルテ、足の甲や指まわりなどはうっかりやけをしやすいパーツなので、忘れずに。

5か条:スプレーは塗布してから手でなじませる

スプレータイプは、シュッとひとふきするだけの手軽さで人気ですが、使い方によっては使用量が少なすぎることも。

肌に直接スプレーし(腕:表裏それぞれ1往復、足:外側内側にそれぞれWを描くように)、手のひらで大きく円を描くようにムラなくなじませてください。
塗りにくい背中や首の後ろ、つま先、髪などは最後にまとめてスプレーしましょう。

6か条:2~3時間おきに塗り直さないと効果は半減

たとえ耐水性の高いウォータープループでも、一度塗っただけでは、時間の経過とともに多量の汗や皮脂、プールや海の水、衣服や動作の摩擦などが原因で落ちてしまうことがあります。出勤途中で汗をかいてハンカチで拭いた場合なども、塗り直していただくと安心です。

日やけ止め製品が表示通りの紫外線防止効果をきちんと発揮するためには、適度な厚さにムラなく塗り、少なくとも2~3時間おきを目安に塗り直しましょう。

7か条:塗り直し用に便利なアイテムを持ち歩く

塗り直しに特に便利なのが、スプレー・ミスト・パウダーといったタイプです。
スプレーは全身に使えるので、長時間のお出かけにはマスト!
ミストはみずみずしい使い心地なので、お昼のメイク直しにも便利です。最後にパウダータイプを重ねると、午後もしっかり紫外線をカットしてくれます。

8か条:ウォータープルーフは落とし方に要注意

日やけ止めを塗ったあと、しっかり落としている女性

最近のからだ用の日やけ止めは、ボディ用洗顔料で落ちるタイプが主流でとても使いやすくなりました。

ただ、汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプは確認が必要!
専用クレンジングが必要な場合もありますし、洗顔料やボディ用洗浄料などで丁寧に洗うことで落とせるものもあります。
落とし方については、製品に記載のご使用方法をよく確認しましょう。

Text:Miki Umezu