Hair & Make ヘア・メイク

髪と頭皮、紫外線対策をしなかった人必見!秋美髪を育む“ダメージリセット”ケア

2015.09.01

9月に入り、暑さも落ち着いてきてほっと一安心。秋のオシャレを楽しもうと思ってみても、なんだかヘアスタイルが決まらない...?
秋口に髪のきしみやパサつきを感じるなら、それは夏の強い紫外線によるダメージかもしれません。肌はしっかり日焼け止めを塗っていたけれど、髪や頭皮は何もしていなかった、そんな人は要注意!
/> そこで今回は、All About「ヘアケア」ガイド 田村マナさんに、秋美髪を育む髪&頭皮ケアについて伺いました。

髪と頭皮、紫外線対策していますか?

紫外線を浴びている女性の髪

肌は紫外線の強い夏だけでなく、1年中日やけ止めを塗って紫外線対策を行っている方も多いのではないでしょうか。それくらい、紫外線が肌にとって悪影響ということが当たり前のように浸透してきているからだと思います。

では、髪や頭皮はどうでしょう?
何も行わないし、気にも留めていない方がまだまだたくさんいらっしゃいます。肌に悪影響を与える紫外線は、実は髪と頭皮にとっても、大敵なんです!
強い紫外線にそのままさらされた髪や頭皮がどれくらいダメージしているかというと、すっぴんで真夏を過ごした肌を思い浮かべてみてください。想像するだけでも怖いですよね。
髪と頭皮も同じこと。紫外線でダメージした髪と頭皮を優しくいたわって秋美髪を目指しましょう。

髪のきしみやパサつきは紫外線が原因かも

髪のパサつきが気になっている若い女性

紫外線による髪のダメージは2種類あります。1つは髪表面にあるキューティクルの損傷です。健康毛はキューティクルがキレイに並んでいるので、光が均一に反射してツヤツヤ。
一方、紫外線でキューティクルがボロボロになると、ツヤがなくなるだけでなく手触りも悪くなります。さらにはキューティクルの隙間から髪内部のタンパク質が流出し、水分が保てなくなって髪はますますパサパサに。切れ毛や枝毛も発生します。

2つ目は、髪が茶色く焼けた色になる症状です。紫外線が髪の内部にある髪を黒くしているメラニン色素を分解してしまいます。
「夏はカラーリングした髪が、どんどん明るくなっていく気がする...」というのには、きちんと理由があったんですね。

頭皮も肌と同じように光老化が進行!

次は紫外線が頭皮に与える影響をみてみましょう。実は髪よりも、頭皮に与えるダメージの方が深刻!
頭皮も顔も同じ皮膚ですから、肌同様に紫外線は頭皮の老化を進めます。頭皮は顔の3倍もの紫外線を受けているとの研究結果も出ていて、光老化の速度もより早くなります。

「でも頭皮は見えないし、少し位シミができたって...」は大きな間違い!
頭皮にシミはできませんが、たるみや乾燥を引き起こします。頭皮がたるむと毛穴もたるみ、髪がうねりやすくなります。うねっている髪は光を乱反射するためツヤが出にくく、エイジングの象徴でもあるので老けて見える原因に。

また乾燥した頭皮では、健康な髪が育ちません。抜け毛や薄毛、白髪などが発生し、老け髪へ一直線。いつまでも美しい髪を保つためには、頭皮の紫外線対策がとても重要です。

その日の内にダメージをリセットするアフターケア

ヘアケアをしている女性

紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでいます。今日からでも、早速髪と頭皮のUVケアを始めましょう。
髪はヘアオイルやUVスプレーなどで、紫外線から保護してあげることが大切です。頭皮もUVスプレーをしたり、定期的に分け目を変えたりするとダメージしにくくなります。長時間外に出るときは、日傘や帽子でケアしてあげると肌も焼けにくくなるので一石二鳥ですね。

このように紫外線対策を頑張っても、どうしても浴びてしまうのが紫外線。ダメージを蓄積せずに、その日の内にリセットするアフターケアを行いましょう。
特に髪の毛は死んだ細胞のため、修復機能がありません。ダメージが浅いうちであればホームケアで美髪を取り戻すことができるので、毎日コツコツが大切。
いつも使っているシャンプーやトリートメントでも、やり方を変えるだけでアイテムの効果がアップするテクニックをご紹介します。

1:シャンプーの後はしっかりすすぐ

シャンプーが頭皮に残っていると、頭皮がかゆくなったり乾燥したりするので、すすぎ残しに注意しましょう。

2:髪の水分をぎゅっと搾り切る

水分が多過ぎても、トリートメントの浸透が悪くなります。優しく絞るようにして、髪の水分を取り除きます。

3:トリートメントを手のひらで温める

ダメージが気になる時は、補修力の高いタイプに変えるとより効果的です。温めると浸透率がさらに高まります。

4:毛先からたっぷりともみこむ

ダメージを受けている毛先などはたっぷりとトリートメントをつけ、ギュギュっともみこみます。量は髪の束を絞った時に、指の間から少しはみ出るぐらいがベスト。手グシで髪1本1本に行き渡るようにとかします。

5:ホットタオルで浸透力アップ!

ホットタオルやシャワーキャップで密封し、5分ほど放置。スチーム効果で成分が髪内部まで浸透します。

お風呂から出たら、次は頭皮ケア。
基本的には肌と同じように、保湿成分と炎症を抑える成分が配合された頭皮用エッセンスでのアフターケアを行います。頭皮専用のアイテムがない場合は、顔用の美白アイテムでもOKです。
とにかく大切なのは、しっかり浸透させることと、毎日継続すること。肌にスキンケアを行うのと同じように、毎日の習慣にすると美髪がぐっと近づきます!

Text:Miki Umezu