Hair & Make ヘア・メイク

大人女子の専売特許! ほんのり大人の色香が漂う 浴衣ヘアアレンジ~ロング編~

2016.08.05

もうすぐ花火に夏祭りと、浴衣のシーズンが始まります。20代には出せない、30代の大人の女性の色香を演出するのに、浴衣はぴったり。着付けも着物よりも簡単でコツさえ覚えればすぐにできるので、ぜひ今年は浴衣を着てみてくださいね。

せっかくの浴衣には、いつものダウンスタイルやアップではなく、和のテイストを感じさせる浴衣アレンジがおすすめです。着物の場合、面を整えたりすき毛を入れたりと高度なテクニックが必要ですが、浴衣ならいつものアップスタイルの延長でOK。

今回は、東京・表参道の人気サロンANTIのトップスタイリストWAKOさんに、大人の女性だからこそ似合うしっとり系大人シニヨンヘアを教えて頂きました!

3つのシニヨンをくるりと丸めるだけ! かんざしが映えるしっとり系シニヨン

しっとり系シニヨン(ロング)完成
かんざし¥4,104、グリーン、イエロー菊Uピンセット¥4,104 ともにふりふ(ふりふ渋谷マルイ店)/ホワイトコサージュ付ヘアクリップ¥1,836 ピーツーインターナショナル/浴衣反物価格¥51,840、帯締め参考商品 ともに三松(三松お客様相談室) 帯¥12,744 ふりふ(ふりふ渋谷マルイ店)

今年トレンドの有松絞りの浴衣は、大人の艶っぽさを引き立ててくれる強い味方。シックな紫の帯を合わせ、20代には出せない大人の余裕を感じさせる着こなしです。絞りの浴衣はちょっとお高めですが、プリント柄でも出ているので気になる方はチェックしてみて!

「サイドの後れ毛をなでつけたり、少しシニヨンの面を整えたりすることで、ぐっと和にも似合うアレンジに。シニヨンは低めの位置に作り、重心を下げることで大人っぽく仕上げます。シンプルなアレンジなので、朱色のかんざしを主役にするとバランスも◎です」

<アレンジの前の準備>
しっとり系シニヨン(ロング)アレンジ前

鎖骨下のロングレイヤーベース。毛先を細めのアイロンで巻き、ファイバー系のワックスを毛先のみに塗布しておきます。顔周りの後れ毛はなでつけるため、根元から塗布するのがポイントです。


<アレンジの作り方>
顔周りの後れ毛を残す

1.顔周りの後れ毛を残す
デイリーアレンジの後れ毛よりも、少し多めに取り分けておきましょう。前髪がある人は耳周りの髪を残しておきます。

顔周りの後れ毛を残す

2.3つにブロッキング
トップは均一ではなく、斜めラインで分け取ります。アンダーは指でざっくりとラインを取り、2つに分けます。

トップを右寄りの位置で結ぶ

3.トップを右寄りの位置で結ぶ
斜めラインでブロッキングしたトップは、センターではなく、右寄りの位置で結びます。こうすることで、フォルムにメリハリが出てオシャレに。

4.トップの毛束をくるりんぱ
結んだ毛束を少しだけゆるめ、結び目の上を半分に割り、穴を開けます。この穴の中に毛束を通すアレンジがくるりんぱ。たるみをなくすよう、下に通した毛束を左右に軽く引っ張り、根元を締めましょう。

トップに高さを出して

5.トップに高さを出す
トップの髪を手でつまみ、引き出しながら高さを出します。輪郭がすっきり見える効果あり!

右サイドの髪を結ぶ

6.右サイドの髪を結ぶ
くるりんぱした毛先は上で仮留め。右下の毛束を目立たない色のヘアゴムで留め、さらに毛先も同様に結びます。こうすると毛先が飛び出しにくくなり、シニヨンも簡単に。

シニヨンをつくる

7.【シニヨン①】毛先のゴム部分を持つ
シニヨンをくるっと返しやすいように、手を逆手にして、毛先のゴム部分を人差し指・中指で挟みます。

8.【シニヨン②】アメピンで固定
毛先のゴム付近を中心にアメピン3本程度を使って留め、シニヨンを固定します。

9.【シニヨン③】シニヨンを広げる
横広がりのシニヨンを作っていきます。人差し指をシニヨンの中に入れ、親指はシニヨンの中心に。そこから指同士をこするようにして、シニヨンを広げます。

10.【シニヨン④】Uピンで固定
広げたシルエットを壊さないよう、Uピンでシニヨンを広げたまま固定します。ツヤのある横広がりのシニヨンは、大人っぽい雰囲気に仕上げるポイントです。

シニヨンを作る

11.トップの毛先をゴムで結ぶ
右下のシニヨンが完成したら、トップの分け取っておいた毛束をおろします。毛先をゴムで結びましょう。

12.シニヨンを作る
7~10の工程同様に、シニヨンを作っていきます。右下のシニヨンより、位置は少し正面寄りに作りましょう。

左下の毛束をねじる

13.左下の毛束をねじる
毛束をリバース方向に毛先までしっかりとねじります。毛先は指でつかんだまま、耳後ろの位置にアメピンで固定します。

14.逆毛を立てる
ボリューム感とまとまり感を出すために。下から上に向かって逆毛を立てます。

毛先をアメピンで固定してかんざしをつける

15.毛先をアメピンで固定
左下のシニヨンは一番小さくなるようにコンパクトにまとめ、アメピンで4カ所程度留めます。
2つのシニヨンはラインが揃うとキレイです。低めの位置に作ることで、大人っぽくしっとりとした雰囲気に仕上がります。

しっとり系シニヨン(ロング)完成

16.かんざしを飾る
正面から少し見える程度の位置にかんざしをさします。さらに華やかさが欲しい人は、花飾りをプラスしてもキュートです。


<完成>
しっとり系シニヨン(ロング)完成

かんざしと花飾りのW使いで、キレイと可愛いが叶うアレンジに。しっかり面でまとめているので、湿気にも負けず長時間キープできます。

<お問い合わせ先>
○新装大橋 http://www.bushoan.co.jp/ TEL 03-3661-0843
○ピーツーインターナショナル http://p2international.jp/aboutus/index.html TEL 03-3588-1678
○ふりふ渋谷マルイ店 http://furifu.com/ TEL 03-4521-0515
○三松お客様相談室 https://www.mimatsu-kimono.jp/ TEL 0120-033-330

Hair&Make:WAKO(ANTI)
Photo:Takashi Ono
Stylist:Chieko Fushimi
Text:Miki Umezu