Hair & Make ヘア・メイク

失敗しない白髪染めデビュー、いつから始める?何色がいい?

2017.11.17

ぴょんとはねていたり、髪をかき上げたら生え際からスッと出てきたり......。白髪が気になり始めたら、しっかり隠せる白髪染めをしましょう。どうするとうまくいくのか、ホームケアで素敵に白髪染めデビューする方法をご紹介します。

 

 

何が違う?白髪染めとおしゃれ染め

白髪が気になったときに、すぐにサロンに行けるかというと、忙しい大人の女性には難しいこともありますよね。そこで便利なのが、ホームケア。ホームケアなら、サロンに行く時間がとれなくても、自分の都合に合わせて定期的に白髪のお手入れをすることができます。

今回お話を伺うのは、ヘアケアブランド『スティーブンノル』。誰でも美しく白髪染めできるよう、ホームケア製品を研究しています。

まず、ヘアカラーには、白髪を黒または黒に近い色に染める白髪染めと、黒系以外の明るい色に染める黒髪用ヘアカラー(おしゃれ染め)があります。

「おしゃれ染めも白髪染めも、髪を染める仕組みは同じなので白髪にも色みは入ります。しかし、おしゃれ染めの色によっては、白髪だけ鮮やかな色に染まってしまって悪目立ちしたり、逆に薄くしか染まらなかったりと、白髪を隠せない場合もあります。ですので、白髪には、白髪染めを使いましょう」と、『スティーブンノル』の商品担当者は言います。

「ホームケア用で、白髪がきれいに染まるかしら?」と不安に思う方もいるかもしれません。でも、ホームケア用の白髪染めは、自分で簡単にきれいに染められるように、色みや明るさが調整されているので、活用しない手はありません!

「シャンプーで落ちないタイプのヘアカラー(永久染毛料)を使えば、約2カ月間、色をキープできますよ」(『スティーブンノル』商品担当者)。

白髪がまだ数本程度ならば、マスカラタイプなどの部分染め用から始めてみてもいいそう。一時的に髪表面を着色するだけなので、髪のダメージもほとんどなく手軽に使えて、初心者にはぴったり! ただし、シャンプーや汗、雨などでも落ちてしまうので要注意です。

また、これは余談になりますが、「目もとメイク用のマスカラを部分染め代わりに使えるのでは?」と思ったことはありませんか? 念のため『スティーブンノル』に聞いてみたところ、「ヘア用マスカラとは成分が異なるため、使えません」とのこと。やっぱり、髪には髪専用のアイテムを使うのが鉄則のようです!

 

 

セルフの白髪染めで失敗しない「色選びのコツ」

では、自分で白髪染めをする場合、どういう視点で色を選べばいいのでしょう。髪色が似合わない、髪色が浮いている、などの失敗を防ぎ、自分に似合う色を見つけるコツを伺いました。

「まず、白髪をカバーしたいレベルに合わせ、明るさ(トーン)を選択します。白髪が多い人、白髪をしっかりカバーしたい人は、暗めの色をお選びください。白髪が少ない人や、黒髪を明るめに染めることで白髪との差を分かりにくくしたい人は、明るめの色がおすすめです。次に、今の髪色やなりたいイメージに合わせて、色みを選択します。明るさ・色みはメーカーによって異なるため、パッケージ裏面のカラーガイドや、店頭の毛束見本を確認し、色選びの参考にしてくださいね」(『スティーブンノル』商品担当者)。

染毛前の髪をカラーリングしていたり、元々の髪色や髪質、自髪の量、髪の傷み具合、染毛時の室温、放置時間などの影響で仕上がりの色調が変わるため、パッケージと全く同じ髪色に仕上がるとは限らないこともあるそうです。パッケージ裏面の説明や毛束見本をよく確認しておくと、失敗やイメージが違った、ということが少ないはず。

 

 

早速トライ!これさえ知れば上手に白髪を染められる

基本的には、各商品の説明書きの使用方法をしっかり守ることが第一です。ただし、その他にも上手に仕上げるためのポイントがいくつかあるので、下記をチェックしておきましょう。

●事前準備・・・毛髪に余分なものが付着しているとヘアカラー剤の浸透が悪くなるので、髪が特に汚れている場合やスタイリング剤をたくさんつけたときは、カラーリングの前にていねいに洗い落とすことが大切。

●塗布量・・・1箱で、セミロングくらいの長さまで染めることができます。髪の量・長さによって調節を。

●混合後・・・直ちに染毛しましょう。液を混合してから40分以上たつと染毛効果が弱くなります。

●塗り方・・・生え際には、染毛液をたっぷりのせて、洗い流すまで伸ばしたりせず、そのまま置き続けると良く染まります。クシで何度ものばしてしまうと、生え際の混合液が少なくなるため、染まりにくく、美しく仕上がりません。混合液が毛髪にしっかりとどまるようティッシュ等で上から押さえておくのもおすすめです。

●放置時間・・・長時間放置すると髪のダメージが進む原因になるので、注意が必要。ただし、室温や髪質などによっては、放置時間を調整してください。
・寒いとき(20℃以下)・・・放置時間を5~10分長めに(パッケージの放置時間は、室温20~25℃想定)。
・太くて硬い髪の人、白髪の量が多い人・・・放置時間を5~10分長めに。
・細くて柔らかい髪の人、傷んだ髪の人・・・放置時間を表示より5分くらい短めに。

●アフターケア・・・傷んだ髪にヘアカラーをすると、ダメージが進みます。また、傷んだ髪は、通常より染まりやすく褪色が早いという傾向にあるので、カラー後の補修ケアをしっかり行ってください。

染めた後、いつまでもきれいな髪を保つために

髪は1カ月に1~1.5cmくらい伸びるので、いつも美しい髪色を保つためには、約1カ月に1度、ヘアカラーを使用するのがおすすめです。新しく伸びてきた根元の部分が短いほど簡単にリタッチ染めができるので、きれいに仕上がります。ヘアサロンで月に一度染めるのはなかなか難しいですが、ホームケアなら、こまめに美しく保つことができますよ。

また、せっかく染めた髪色がすぐに落ちるのは、避けたいところ。

「髪の表面のキューティクルがダメージによりめくれ上がり、髪の内部からカラー剤が流出すると、色落ちの原因になります。カラーリング後専用のヘアケア商品などを使用し、キューティクルダメージを防ぐことが大切です」(『スティーブンノル』商品担当者)。

セルフ白髪染めにぴったりのヘアカラーアイテム

スティーブンノル カラークチュール ヘアカラー
3つのトリートメント成分配合で、髪内部のダメージを補修しながら、サロンで仕上げたような深みのあるなめらかなツヤ髪に。全12色。

 

 

スティーブンノル プレミアムスリーク カラーリペア シャンプー・コンディショナー
色持ちを良くする、アフターカラーケア剤。ヘアカラーによるダメージを深層から補修。キューティクルを引きしめて、染めたての美しい髪色を長持ちさせる、デイリー使いのシャンプー&コンディショナー。

 

 

スティーブンノル カラークチュール 3デイズ アフターカラー シャンプー&トリートメント
ヘアカラー直後の3日間に使用する、シャンプー&トリートメント。傷みがちな髪を芯から補修し、ダメージと色落ちから守って、毛先までしっとりつやつやに。

 

 

スティーブンノル プレミアムスリーク カラーシャイニングエッセンス
ヘアカラーした髪が失いやすいうるおいを補給し、紫外線ダメージや色落ちから髪を守るホイップタイプのエッセンスミルク。

 

 

最近は、トリートメントとして使用していくうちに少しずつ染まっていくタイプの白髪染め商品も増えてきています。サロンケアとホームケア、さまざまなタイプのお手入れ方法を用途やライフスタイルに応じて上手く使い分けることで、白髪を美しくお手入れし、前向きに楽しんでいきたいものですね。

Text:Yuka Hanyuda