Hair & Make ヘア・メイク

花粉シーズンでもキレイに!マスクする日のお手軽美人メイク

2018.03.02

「マスクをしていると病人っぽく見られる」「花粉症で目薬をさすとアイメイクが崩れる」など、マスクをする日のメイクのお悩みをAll About「メイク」ガイドの新見千晶さんが簡単テクで解決します!

 

 

マスクメイクのポイントは、肌、目、眉毛!

<マスクメイクのPoint>
Point1. ベースは見える部分だけしっかり塗ればOK
Point2. アイメイクはゴールド、オレンジ系のクリームシャドウが◎
Point3. 眉毛はいつもより、ふんわり感を大切に

「マスクメイクのポイントは、肌、目、眉毛の3つです。肌は、見える部分だけ丁寧にベースを塗れば充分ですが、ランチやお茶でマスクを外した時に、そこだけ素肌だとおかしいので薄く塗っておきましょう。

また、花粉症シーズンは目薬をさすことが多いので、崩れにくいアイメイクをすることも大事。アイライナー、マスカラはウォータープルーフを使用するのはもちろん、粒子の粗いアイシャドウは目に入るとかゆくなることがあるので、密着度の高いクリームタイプがおすすめです。色は、くすみを取ってくれるゴールド、オレンジ系が◎。

そして、意外と大切なのが眉毛。マスク姿で眉毛を描いていないと、すごく手を抜いているように見えるので要注意! また、マスクで顔の大部分が隠れているにもかかわらず濃く描くとバランスが悪くなるので、ふんわり描くのがポイントです」(新見さん)。

簡単なのにきちんと感が出て、崩れにくく、さらにマスクで顔の大部分が隠れるにあたってのバランスを考慮したのがマスクメイクなんですね。
それではいよいよ、3つのポイントの実践テクを教わります!

Point1.ベースは見える部分だけしっかり塗ればOK

①マスクからはみ出る部分を塗る
頬と額にベースを塗ります。肌が乾燥していると崩れやすくなるので、しっかり保湿してから塗りましょう。保湿力の高いベースを使うのもおすすめ。

 

 

②くすみやすい目もとに重ね塗り
涙袋とまぶたにベースを重ねます。涙袋は少量を3点置きして、薬指でやさしくのばします。まぶたは、指に残ったものを薄く広げます。カバー力の高いベースを使えば、コンシーラー代わりになるから便利。

 

 

③口周りの油分をおさえる
マスクで隠れる口周りは、うっすら塗ればOK。頬や額にスポンジをのせ、ベースを少量含ませたら、タッピングしながら口周りに広げます。特にマスクのフチの部分は、肌とこすれることでベースがヨレやすいので、念入りに油分をとりましょう。

 

 

<使ったのはコレ>
澄肌ホワイトCCクリーム 01 30ml 3,500円(税抜)

気になる毛穴やくすみをカバーしながら、自然な肌色に整えるCCクリーム。中が空洞になった特殊な粉体を使用しているから、ふんわりサラサラのつけ心地。SPF50+/PA++++。

 

 

Point2. アイメイクはゴールド、オレンジ系のクリームシャドウが◎

①クリームシャドウをまぶたにON
密着度が高くてヨレにくい、クリームシャドウをアイホールに広げます。肌のくすみを取ってくれるゴールド、オレンジ系が◎。マットなピンクなどの膨張色はアレルギーのように見えることがあるので、パール感があるほうがおすすめ。また、下まぶたにアイメイクを施すと、目薬をさしたときに崩れてしまうので、アイメイクは上まぶただけでOKです。

 

 

②ブラウンのペンシルライナーでラインを引く
ウォータープルーフのブラウンのペンシルで、目のキワにラインを引きます。マスクメイクの場合、黒だと目もとにインパクトが出過ぎるので、自然になじむブラウンがベター。

 

 

③綿棒でぼかしてアイシャドウ効果を出す
先ほど引いたブラウンのライナーを、綿棒でぼかします。ワイパーのように左右に動かしましょう。自然なグラデーションを作ることで、アイシャドウを重ねたようなデカ目効果が出ます。

 

 

④黒目の部分にライナーをプラス
黒目の上の部分にだけ、ウォータープルーフの黒のリキッドライナーを引きます。花粉症のときはコンタクトを入れられないこともありますが、ここにラインを入れると黒目がぱっちり見えるので、カラコンを入れたように目ヂカラがアップ。ペンシルではなく、つややかなリキッドを使うと黒目がきれいに見えます。

 

 

⑤ウォータープルーフのマスカラを塗る
ビューラーでまつ毛を根もとから上げ、ウォータープルーフの黒のマスカラを塗ります。下まつ毛には塗りません。繊維入りも避けた方がベター。

 

 

Point3.眉毛はいつもより、ふんわり感を大切に

①眉尻をペンシルで描く
茶系のアイブロウペンシルで眉尻を描きます。黒だと、マスクをした際に眉毛の主張が強くなりすぎるので茶系が◎。また、マスクをした状態で眉尻が下がっていると、元気がない印象になるので、眉尻は眉頭より下がらないように気をつけましょう。

 

 

②眉毛の隙間をパウダーで埋める
眉毛が薄いと、やつれて見えるので、眉毛はしっかり描くことが大事。ブラウンのパウダーアイブロウやアイシャドウなどで、眉毛の隙間を埋めます。

 

 

③スクリューで眉毛を立たせる
眉頭から眉尻まで、スクリューブラシを下から上にシュツシュッと動かします。描いた部分をぼかしなら眉毛を立たせることで、ふんわり自然に仕上がります。

 

 

いつものマスクメイク                        新見さん流・マスクメイク

<完成!>
元気がないように見えるいつものマスクメイクが、肌、目、眉毛の3つのポイントを意識したメイクをすることで見違えるほど美人な仕上がりに。マスクで顔の大部分が隠れているにもかかわらず好印象を与える、きちんと感がすごい! しかも、使用するベースの量が少ないので肌への負担が少ないうえ簡単。一石三鳥のメイクテクですね。

 

 

<取材協力>新見千晶さん(All About「メイク」ガイド)
美容誌・雑誌・広告などで、モデル・女優・タレントを担当するヘア&メイクアップアーティスト。撮影現場で培ったプロの美ワザを、わかりやすくシンプルに「新見流・美のルール」としてポイントをしぼって紹介するメイク法が好評。『ミーハー美容』(主婦の友社)『魔法の表情筋エステ&若見せメイク』(成美堂書店)など著書多数。

 

オフィシャルHP http://www.niimichiaki.com

 

 

<関連記事>
開運「眉」メイク! 上昇毛流れで運気もアップ
40代必見!たるみ目もとを輝かせる「トレンドアイメイク」
気になる毛穴やくすみをカバーするCCクリーム「澄肌ホワイトCCクリーム」
いきいきとしたぱっちり目もとへ「肌潤改善アイクリーム」

Model:Shoko Hazuki
Hair&Make:Chiaki Niimi
Photo:Tomoko Yonetamari(G.P.FRAG)