Hair & Make ヘア・メイク

なぜ?アラフォーになると顔が大きく見える理由と小顔メイク術

2018.05.08

体重は変わっていないのに、顔が大きくなった気がする......。そんなアラフォーのお悩みを解決してくれるのが小顔メイク! さりげないのに、顔全体がキュっと引き締まり、若々しく見える小顔メイクをご紹介します。

 

 

アラフォーの顔が大きく見える理由とNGメイク

ブラウス\9,900 トランスコンチネンツ(TRANS CONTINENTS 銀座ベルビア店)、ピアス¥4,300 ナカモル(スタイリズム)、ネックレス¥6,500 ファイブアンドツー(スタイリズム)

「アラフォーが、若い頃に比べて顔が大きく見えやすい原因は、大きく分けて2つあります。頬の筋肉が下がってきて顔が四角くなり、面積自体が増えてしまうこと。さらにまぶたも垂れて目が小さくなると、相対的に顔の面積をより大きく感じてしまうからです」。

そう教えてくれるのは、人気ヘアメイクの森川 誠さん。アラフォーがやってしまいがちなNGを教えてください。

「若い子の小顔メイクは、基本的に顔の面積に対して各パーツの面積を大きくすることで顔の余白を減らし、小顔効果を狙います。例えば、アイラインを太く入れて目を大きく見せる、眉を太めに描く、チークを幅広めに入れるなど。しかし、アラフォーは、そのまま取り入れるとやり過ぎ感が出てしまいます。パーツの面積を大きくするのはアイメイクだけで充分です」(森川さん)。

 

 

顔に奥行きを出し、キュッと引き締めて見せるポイントは「正面顔」

加齢による大顔現象、メイクでカバーすることはできるのでしょうか?

「小顔メイクの基本として、ハイライトとシェーディングによる立体感は欠かせません。そこにプラスして意識して欲しいのが"正面顔"です。外国人の方は骨格にメリハリがあるので、メイクをしなくてもパッと真正面から見た時に顔の中心(正面顔)が前に出ている印象で立体的に見えると思います。一方、日本人は、のっぺりしているので側面までもが正面顔に含まれてしまいがちです」(森川さん)。

つまり、正面顔と側面の2つがあると顔にメリハリが出て小顔に見えるということなんですね!

「ファンデーションで、中心は明るく外側は暗くなるようにグラデーションをつけたり、眉山をしっかり描いたりすることで、顔の中心が前に出て自然な立体感を演出することができます。それがつまり、正面顔を作るということです。あとは、若い子の小顔メイクを応用して、目の面積を大きくし顔の余白を減らすこともポイントです。ただし、小顔メイクで大切なのは、どのパーツも作り込み過ぎないこと。小顔術をバランス良く取り入れることが大切です」(森川さん)。

それでは早速、アラフォー的小顔術メイクをみていきましょう。

 

 

小顔術1:ファンデ&ハイライトで、正面顔に立体感をプラス!

さりげなく小顔を仕込むのに欠かせないのが、ベースメイク。いつもと同じアイテムを使っているのに、塗り方を変えるだけで小顔度がアップするそう!

「ファンデーションを顔全体に均一に塗ると、正面と側面の区別がつかなくなってしまいます。ファンデーションを正面顔に塗ることで適度な厚みと明るさが出るので、塗らない側面は自然と影に。塗らない部分を作ることで、今っぽい抜け感のある透明感と小顔の両立が可能になるのでぜひ使って頂きたいテクニックです」(森川さん)。

<Base Make How to>

①正面顔部分にCCを置く
カバー力のある米肌『澄肌ホワイトCCクリーム』を、おでこ、まぶた、目の下、あご先など正面顔部分に置きます。

 

 

②濃→薄くなるように伸ばす
顔の中心から外側にいくにつれて、薄くなるように塗ってグラデーションを作ります。これで、正面顔と側面に立体感の差を演出します。

 

 

③シェーディングで側面を引き締める
肌よりワントーン暗いシェーディング『ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 010』を、頬骨部分に伸ばします。

 

 

④計3ヶ所にシェーディングを入れる
シェーディングをフェイスライン全体に入れると、いかにも入れました! と不自然になってしまうのでNG。髪の生え際(剃り込み部分)、頬骨(もみあげ部分)、エラの3ヶ所にシェーディングを入れていきます。顔の側面を影でそぎ落とし、メリハリをつけるイメージです。

 

 

⑤ハイライトを入れて正面顔に立体感を出す
肌なじみの良いオフホワイトのハイライト『エスプリーク エクラ 明るさ持続 おしろい 01』を、年齢で痩せてしまいがちなこめかみに入れてふっくらさせます。

 

 

⑥計3ヶ所にハイライトを入れる
Tゾーン、こめかみを含む目の下、あご先の3ヶ所にハイライトを入れていきます。正面顔に立体感やツヤ感を出すことで、ぐっと前に出た印象に。

 

 

<ベースメイク完成!>

ファンデーション・シェーディング・ハイライトを塗り終えたところ。正面顔の部分に明るさとツヤがあるので、立体感のある仕上がりに。ベースメイクだけでも、たるんだ頬がキュッと引き締まって見えます。

 

 

小顔術2:目の面積を大きくして、顔の余白を減らす!

頬だけでなく、目もともたるんでしまうアラフォー。パッチリとした目もとで目に視線を集めれば、ぐっと若々しい印象に!

「顔の中で目の面積が大きくなると、その分、肌の余白が少なくなるので、小顔に見える効果があります。ただし、目を大きく見せたいからと、囲み目など過剰なアイメイクにならないように要注意。アラフォーメイクは、下まぶたをポイントで強調して、やり過ぎずナチュラルな仕上がり感を目指しましょう」(森川さん)。

<Eye How to>

①まぶた全体に明るさを出す
オフホワイトのアイカラー『ヴィセ ジェミィリッチアイズ BE-1』を、アイホール全体に伸ばし明るさを出します。パール感が強いと目もとがぼけた印象になるので、パール感の控えめなタイプがおすすめ。

 

 

②アイライナーでナチュラルな目力をプラス
ブラックのリキッドアイライナー『エルシア プラチナム リキッド アイライナー BK001』で、まつげの際を埋めるようにラインを引いていきます。目尻のラインはフラットに引くことで、あくまでもさりげない目力に。

 

 

③アイカラーでアイラインをぼかす
アイラインは、目立たせないのが今っぽく仕上げるコツ。ダークブラウンのアイカラー『ヴィセ ジェミィリッチアイズ BE-1』を、アイラインの境目に塗り少しずつラインをぼかします。自然なグラデーションで、目が大きく見える効果も。

 

 

④下まぶたにブラウンを入れ、目のフレームを強調
下まぶたの目尻3分の1の位置に、ダークブラウンのアイカラー『ヴィセ ジェミィリッチアイズ BE-1』をオン。目のフレームを自然に強調し、たるんだ目もとを引き締めながら大きく見せることができます。最後にブラックのマスカラを塗りましょう。

 

 

<アイメイク完成!>

まぶたがすっきり引きあがり、明るく若々しい目もとに。目がパッチリすることで、顔全体までもがキュッと引き締まって見えます。

 

 

小顔術3:眉山を描いて、正面顔・側面顔の境目を作る!

眉は、顔全体の印象に影響する大切なパーツ。眉山が無いと、のっぺりした印象で輪郭まで下がって見えてしまうそう。

「若い子はトレンドの太眉にすることで、眉のパーツの面積を大きくするテクニックを使いますが、アラフォーは野暮ったくなってしまうのでNG。眉山を作ることで、正面顔と側面の境目をはっきりさせて、小顔に見せていきます」(森川さん)。

<Eyebrow How to>

①眉山の毛をペンシルで描き足す
眉山は、眉のカーブのいちばん高い部分のこと。黒目の外側の真上の位置が目安です。スクリューブラシで眉毛をとかした後、ブラウンのペンシル『エスプリークW アイブロウ(ペンシル&パウダー)BR300』で眉山を描いていきましょう。

 

 

②パウダーでぼかして自然に
ペンシルだけだと不自然な質感なので、上からぼかすようにブラウンのパウダー『エスプリークW アイブロウ(ペンシル&パウダー)BR300』で描き足します。

 

 

③眉マスカラでふんわり今ドキ眉
眉を強調し過ぎると、目が小さく見えてしまうので眉はふわっと仕上げるのがコツ。ブラウンの眉マスカラ『エスプリーク スタイリング アイブロウ マスカラ(ふんわり立体感)BR30v』を塗り、眉を明るく、ふんわりとした雰囲気に仕上げます。

 

 

<アイブロウ完成!>

正面顔と側面の境目が、眉山ではっきり分かれています。横から見た時でも、キュッと小顔に見える360度小顔眉です。

 

 

<アラフォー的小顔メイクの完成!>
BEFORE(左)                          アラフォー的小顔メイク(右)

 

 

BEFORE(左)                          アラフォー的小顔メイク(右)

正面顔の部分がくっきりと際立ち、たるんだ頬や目もとがキュッと引き締まった小顔に! 横顔もたるみを感じさせない、スッキリとしたフェイスラインに仕上がっています。

 

 

参考商品:エスプリーク エクラ 明るさ持続 おしろい 01、エスプリーク スタイリング アイブロウ マスカラ(ふんわり立体感)BR30v、米肌 澄肌ホワイトCCクリーム 01(普通の明るさの自然な肌色)、ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 010、ヴィセ ジェミィリッチアイズ BE-1、エルシア プラチナム リキッド アイライナー BK001、エスプリークW アイブロウ(ペンシル&パウダー)BR300

 

 

<取材協力>ヘアメイク 森川 誠さん
Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 卒業後、木部明美氏に師事し2012年独立。現在は、PEACE MONKEYに所属し、『Ray』の連載をはじめ、さまざまな女性誌・広告などで活躍。親しみやすいキャラクターから"ボンちゃん"の愛称で呼ばれ、"ボンメイク"を発信。ナチュラルで繊細なメイクは、モデルはもちろん一般消費者からも高く支持されている。

 

 

 

<ショップリスト>
TRANS CONTINENTS 銀座ベルビア店
スタイリズム

<関連記事>
40代必見!たるみ目もとを輝かせる「トレンドアイメイク」
40代必見!たるみ目もとを輝かせる「ナチュラルアイメイク」
お疲れ顔は「顔の血行不良」が原因?ツボ押しで愛され顔に
Model:Chika Nojima
Hair&Make:Makoto Morikawa(PEACE MONKEY)
Stylist:Chieko Fushimi
Photo:Yoko Sakamoto
Text:Miki Umezu