Hair & Make ヘア・メイク

お正月は着物で和装美人に! セルフでも簡単“R40の着物メイク”

2018.12.28

せっかくのお正月、着物でたおやかに過ごしてみませんか? 和装美人になるには、メイクもポイントです。着物だからといって、実は特別なメイクは必要ありません。いつもと同じメイクアイテムを上手に使って、着物に似合うメイクに仕上げましょう。

 

 


着物と普段のメイク、どこが違うの?

着物、帯揚げ、帯締め/参考商品(すべて三松)、帯52,000円、ヘアコーム6,800円/ともにふりふ(ふりふ渋谷マルイ店)、ピアス 36,000円、リング50,000円/ともにスタージュエリー(スタージュエリー表参道ヒルズ店)

ついつい気合いを入れすぎて、リップが悪目立ちしたり、顔が真っ白に...。なんて失敗をしがちな着物メイク。人気ヘアメイクの新見千晶さんに、セルフでも簡単にできる着物メイクについてレクチャーして頂きました!

「肌は白く、着物に負けないようにポイントメイクもバッチリ、というイメージがあるかもしれませんが、全体をナチュラルに仕上げるのが今風。特にアラフォーはメイクを頑張り過ぎると逆に老けて見えてしまうので、いつものメイクアイテムを使い、ほんのちょっとテクニックをプラスするだけで大丈夫なんですよ」(新見さん)。

 

 

~R40の着物メイク 5つのポイント~
<ベースメイク>立体感を抑えめの、白すぎず透明感のあるセミマット肌
きちんと感のあるセミマットな肌は、下地もファンデも顔の中心から外側に塗り、自然な立体感を。

<アイメイク>帯や着物から1色使うと粋
着物や帯の1色とアイメイクをリンクさせると楽しめます。

<眉メイク>今っぽい太眉で眉尻だけシャープに
眉を太くして顔の面積を減らし、ゆるんだ輪郭をカバー。

<チークメイク>ほんのりとナチュラルに目立たせない
顔色を良く見せるナチュラルなコーラル系をチョイスします。

<リップメイク>ハーフマットな質感でリップラインをしっかり取る
グロス系は着物に似合わないので、ハーフマットなリップでしっとりと。

 

 

 

着物メイクで上品な和風美人に!

<ベースメイク>立体感を抑えめの、白すぎず透明感のあるセミマット肌
「洋服では流行りのコントゥアリングのようなメリハリのあるメイクが似合いますが、着物ではナチュラルなメイクの方が着物も引き立ちます。肌は無理に白いファンデーションを選ばず、下地にピンク系を使ってナチュラルな白さを演出しましょう。着物にテカリは禁物なので、セミマットなリキッドや最後のパウダーもマスト。いつもより、ちょっと品格のある肌を作りましょう」(新見さん)。

<ベースメイクで使用するアイテムはコレ!>
参考商品(上段左から)Aエスプリーク リキッド コンパクト BB 01、Bエスプリーク エクラ 明るさ持続 おしろい 02。(下段左から)Cインフィニティ コンシーラー パレット、Dエスプリーク エクラ 明るさ持続 美容液下地 EX

 

 

①ピンク系の下地で肌をトーンアップ
Dのピンク系の下地で肌をナチュラルにトーンアップします。

 

 

②セミマットに仕上がるリキッドで肌を美しく
ただマットだと老けて見えるので、着物にはセミマットな質感がマッチ。カバー力のあるAのリキッドファンデを、顔の中心から外に伸ばしていきます。首との差が出ないように外側は薄く塗るのがコツ。

 

 

③気になる部分はコンシーラーでカバー
アラフォーになると顔に影ができやすいため、目尻の切れ込みやクマ、口角などはCのコンシーラーで明るく仕上げます。ファンデーションの厚塗りでカバーするのは禁物!

 

 

④テカりやすいTゾーンはフェイスパウダーをオン
全体に均一に塗るとのっぺり顔の原因に。テカりやすいTゾーンのみ透明感の出るBのフェイスパウダーを塗って仕上げます。

 

 

着物の品格にマッチ! 透明感がありながら白さも叶えるセミマット肌に。

 

 

<アイメイク>帯や着物から1色使うと粋
「和装のアイメイクは、リキッドライナーでアイラインを少し引き上げて描いて切れ長に仕上げます。色味を加えるなら、着物や帯に使われているカラーを選ぶのがコツ。今回は帯に入っていた花のえんじをさし色カラーに選びました。重くないけれど和っぽいカラーでアラフォーにおすすめです」(新見さん)。

<アイメイクで使用するアイテムはコレ!>
参考商品(左から)Eファシオ パワフルフィルムマスカラ(ロング)(2019年1月16日発売)、Fエルシア プラチナム リキッド アイライナー ダークブラウン、Gヴィセ リシェ グロッシーリッチ アイズ PK-3。

 

 

①二重幅にさし色のえんじをオン
アイホール全体に明るいベージュ(Gの右上)を塗り、まぶたにハリ感を出します。次にさし色のえんじ(Gの左下)を二重幅に塗り指でなじませます。

 

 

②リキッドアイライナーで切れ長アイを作る
Fの茶色のリキッドアイライナーで、切れ長を意識しながら目尻を少し引き上げます。黒よりも優しい印象になるので目元が浮きすぎる心配もありません。

 

 

③目尻のみブラウンのアイシャドウをオン
上まぶたの目尻のみに締め色のブラウン(Gの右下)のアイシャドウを重ね、アイラインで作った切れ長ラインをサポート。濃く入れ過ぎないように。

 

 

④下まぶたの目尻にえんじを入れて色っぽく
目尻にえんじが入ると、舞妓さんのように色っぽい目元に。目尻3分の1にえんじ(Gの左下)を入れます。最後にEの黒のロングタイプのマスカラを薄く2度塗りすれば完成。

 

 

ほんのりえんじ色に染まる目元が色っぽい。さりげない切れ長アイで着物を格上げして。

 

 

<眉>今っぽい太眉で眉尻だけシャープに
「基本的に、和装にはなだらかなカーブを描くアーチ型が似合うけれど、カジュアルに着物を着こなすならトレンドの平行太眉がおすすめです。洋服の場合、眉尻は短めにふんわりさせますが、眉尻だけシャープにすることで着物メイクらしくキリっと仕上がりますよ」(新見さん)。

<眉メイクで使用するアイテムはコレ!>
参考商品 HエスプリークW アイブロウ(ペンシル&パウダー)BR300

 

 

①ブラウンのパウダーで濃さをプラス
Hのブラウンのパウダーアイブロウで、薄くなりがちな眉頭の下から上へと描き足していきます。全体をストレートシルエットに近づけましょう。

 

 

②眉尻をペンシルで描き足す
次にHのブラウンのアイブロウペンシルで、眉尻を少し下げ気味に描き足します。眉頭が濃いとバランスが悪いので、最後にスクリューブラシで眉の毛流れを整えましょう。

 

 

トレンドの太眉に眉尻を足すだけで、キリっとシャープな印象。

 

 

<チークメイク>ほんのりとナチュラルに目立たせない
「肌の白さを際立たせたいので、チークは目立たない位でOK。色はローズピンクやコーラルオレンジなど、肌となじむ自然な色を選びましょう。血色を良くするイメージで、頬骨の一番高い部分からこめかみにかけてふんわりと入れます。顔に陰影を付けるハイライトやシェーディングは、着物メイクでは使用しません」(新見さん)。

<チークメイクで使用するアイテムはコレ!>
参考商品 Iエスプリーク ピュアリーベール チーク PK-1 

 

 

①笑わないで入れるのがポイント
笑った時の高い位置で塗ってしまうと、真顔になった時に頬が下がってしまうため、笑わない状態で入れていきます。肌なじみのいいIのコーラルピンクのチークを、頬の一番高くなる位置の少し内側から、上向きのだ円形をイメージして塗ります。

 

 

肌の白さを際立たせるような、ほんのり色づく頬に。

 

 

<リップメイク>ハーフマットな質感でリップラインをしっかり取る
「口紅は肌を明るく見せてくれる、ナチュラルなピンク系がおすすめです。ツヤツヤだとカジュアルな印象なので、セミマットなタイプが◎。アラフォーは口角がぼやけてるので、口角のキワまで押し込むように塗ると、口角がキュッと引き締まり若々しい口元に仕上がります」(新見さん)。

<リップメイクで使用するアイテムはコレ!>
参考商品 J ヴィセ リシェ クリーミーリップスティック RD400

 

 

①口角にくの字のラインを描く
Jのピンクのリップを、リップブラシに取り、口角に押し込むようにくの字のラインを描きます。上唇の山もしっかり取ったら、全体にリップを塗りましょう。少し赤が入っているピンクは、肌が白く映えておすすめ。

 

 

輪郭を取っても、ナチュラルな色味なので派手過ぎない仕上がり。

 

 

三つ編み4本だけ!簡単セルフヘアアレンジ

「トレンドの抜け感のあるヘアスタイルは、着物だと崩れたように見えてしまいます。いつもより少し面を意識して、後れ毛は出さずにきっちり目に作った方が綺麗です。後頭部を高く見せると、横顔の美しさもアップします」(新見さん)。

 

 

①トップに逆毛を立ててふんわりと
トップはホットカーラーで巻き、全体の毛先はアイロンで軽くカールをつけておきます。トップの毛束を取り、コームで逆毛を立てます。

 

 

②トップを結ぶ
V字になるようにブロッキングして、トップを結びます。

 

 

③サイドを三つ編みする
顔周りから耳後ろの髪を三つ編みします。三つ編みをしたら、結んだゴムを押さえながら三つ編みの毛束を少しずつ引き出して崩します。

 

 

④三つ編みの毛束を交差させるように留める
まず左側の三つ編みを、ハーフアップのゴムの部分を隠すように右側に持っていきアメピンで留めます。次に右側の三つ編みを、その上に重ねるようにアメピンで留めます。

 

 

⑤残った髪を2つに分けて三つ編み
残っている髪をざっくりと2つに分けて三つ編みをします。同様に三つ編みを崩しておきましょう。

 

 

⑥三つ編みの毛束を両サイドに留める
左側の三つ編みを、④でできた土台の右下あたりにアメピンで留めます。逆サイドも同様に、左下の土台に留めましょう。最後に、トップの毛束をバランスを見ながら引き出して完成です。

 

 

三つ編みを4本交差させただけなのに、プロ級の仕上がり!

 

 

華やかなのに親しみやすい、小紋で過ごしたいお正月

着物を着てみたいけれど、何を選べばいいの? 今回着たアラフォーにおすすめの小紋について、スタイリストの伏見知恵子さんに伺いました。
「小紋は、着物全体に繰り返された柄が特徴で、普段着の着物としてもっともポピュラーに着られています。洋装のファッションでいうとワンピースに近い装いです。そのため、格は礼服ではなく結婚式には不向きですが、お正月など日常で華やかに装いたい時にぴったりの着物。今回はダマスク模様の光沢感がある着物に帯や帯締めで華やかにドレスアップして、アラフォー女性の持つ上品さを際立たせました。最近はカジュアルな柄の着物や帯がたくさん出ているので、気負わずにぜひ色々なシーンに合わせて個性を表現し、楽しんで着てくださいね」(伏見さん)。

 

 

<取材協力>新見千晶さん(All About「メイク」ガイド)
美容誌・雑誌・広告などで、モデル・女優・タレントを担当するヘア&メイクアップアーティスト。撮影現場で培ったプロの美ワザを、わかりやすくシンプルに「新見流・美のルール」としてポイントをしぼって紹介するメイク法が好評。『ミーハー美容』(主婦の友社)『魔法の表情筋エステ&若見せメイク』(成美堂書店)など著書多数。

 

オフィシャルHP http://www.niimichiaki.com

 

 

<ショップリスト>
スタージュエリー表参道店
03-5785-0201
ふりふ渋谷マルイ店
03-4521-0515
三松
0120-033-330

 

 

 

Model:Risa Nishiwaki
Hair&Make:Chiaki Niimi
Photo:Kayo Takashima
Stylist:Chieko Fushimi
Text:Miki Umezu