Hair & Make ヘア・メイク

簡単ヘアアレンジでぽつぽつ白髪隠し

2019.04.02

アラフォー世代の美の強敵といえば「白髪」。白髪があるだけで一気に老けて見えてしまうので、見つけたときにはすぐにでもカバーしたいもの。ただ、「忙しい生活の中ですぐにカラーリングに行けない!」「まだ白髪染めをするほどではない」と考える人も多いよう。そんなときに役立つ、白髪をうまくカバーできるヘアアレンジを人気美容師が伝授します。

 

 

急な白髪の応急処置!おしゃれに白髪をカバーするヘアアレンジ

アラフォー世代になると気になり始めるのが「白髪」。ある日、鏡を見てふと気づくなんてことも多いのではないでしょうか。顔にできるシワと同じくらい、白髪があると急に老けて見えてしまいます。見つけ次第カバーできるのならばいいのですが、すぐに白髪染めができないとか、まだ染めるほどの量じゃないから、という人も少なからずいると思います。そんな急に気になった白髪を染めずに、うまく隠せるヘアアレンジを人気ヘアサロン「ANTI」のKAORIさんに教えていただきました。

アラフォー世代の悩める白髪、出やすい場所は?

トップ                              こめかみ・サイドの生え際

白髪には、よく出やすい場所というのがあります。それは、トップ(つむじまわりから分け目の生え際)と、こめかみ・サイドの生え際です。体の不調やストレスが白髪として表れるなんてことも言われているものの、アラフォー世代の初期白髪は、この2か所が多いとのこと。今回はこの2か所の白髪をうまくカバーできるヘアアレンジを紹介します。

 

 

白髪を目立たなくするブローの基本

ヘアアレンジがうまく仕上がるかどうかは、その前のブローにかかっています。白髪をカバーしやすくなるだけでなく、ふんわり若々しいヘアスタイルにできるからです。それでは、ブローの基本を紹介します。

【基本のブローの仕方】
①髪を乾かすときはドライヤーの風をいろんな方向から当てて、髪をいろんな方向に根元から立ち上げるように乾かす
②分け目がくっきりしすぎないように毛束を動かしてラフに仕上げる
③クッションピンがついたヘアブラシで根元から髪を立ち上げるようにとかすのも◎
④ふんわり仕上げたい人は、ボリュームアップスプレーを使うのもおすすめ! ヘアオイルやスタイリング剤は重くてつぶれやすいので、つけすぎないように注意

トップの白髪をカバーするヘアアレンジ

★洗練された女性を演出する高めの大人ポニーテール

トップに高さを出した大人ポニーテール。ポイントは最初に分け目をずらしてジグザグに取ること。白髪はつむじからトップの分け目に出やすく目立つので、いつも分けている分け目からずらして髪を分けます。ジグザグに取ってもまだ白髪が目立つ場合は、白髪がある毛束を反対側に流します。仕上げにトップの髪を引き出して高さを出すと、凛とした大人に似合うポニーテールができます。

 

 

STEP1

白髪が気になる分け目とは別のところで髪を分け、コームか指でジグザグに分け目をつける。

 

 

STEP2

両手をひらいて、ざっくりと髪をひとつにまとめる。一気にまとめようとせずに、耳上の髪をこめかみくらいの高さで後ろにまとめたら、残りの髪をその高さまでもっていく。このとき、ひっつめのようにキュッとまとめすぎないのがポイント。

 

 

こめかみ・サイドの生え際をカバーするヘアアレンジ

★おくれ毛が女性らしさをプラスする低めハーフアップ

ハーフアップのときにサイドの髪をぎゅっと後ろにもってきてしまうと、こめかみ脇など生え際の白髪が目立ってしまいます。白髪が見えないようにゆったりと髪を後ろにもってきてハーフアップをつくるのがコツ。額の中央あたりからおくれ毛を出すとお疲れ感が出てしまうので、耳のすぐ前でおくれ毛を残して白髪を隠しながら、作り込みすぎないナチュラルなスタイルに。

 

 

STEP1

白髪が目立つ生え際より後ろのハチ上に親指を置き、U字を描くように髪を分け取る。ぼんのくぼ(首の付け根)あたりで分け取った髪を結ぶ。

 

 

STEP2

耳のすぐ前におくれ毛をつくる。耳にうっすら髪がかかっているのがポイント。大人の余裕を感じさせるおしゃれなハーフアップの完成。

 

 

白髪をカバーしながらおしゃれを楽しんで

「白髪が目立つから何とかしたい」とネガティブな気持ちだけではなく、カバーしながらもおしゃれを楽しむことが大人のたしなみ。白髪を手軽にカバーできるグッズやヘアアクセサリーもさまざまなものがあります。今回ご紹介したヘアアレンジ以外にも自分の好きなスタイルを諦めたりせず、いろいろ試してみましょう。

<取材協力>KAORIさん
人気ヘアサロンANTIのスタイリスト。トレンドを取り入れながらも一人ひとりに合わせたスタイルを提案。アラフォー世代の女性を多く担当し、ヘアケア、スタイリングについても詳しいので髪の悩みを相談するお客さんも多数。

 

 

 

Hair&Make:KAORI(ANTI)
Illust:Azusa Otsuka
Text:Yukari Shirai

<関連記事>
寂しく見えやすいショートヘア!ふんわりさせる簡単スタイリング術
脱おばさん見え!ちょっとの工夫で「若見えおしゃれ」
どうして?トップとバックがペタンコ、ミドルヘアをふんわりさせるスタイリング術