Lifestyle ライフスタイル

周りだけでなく自分もハッピーに!ほめ上手さんは、いつでも幸せ美肌

2014.10.09

彼氏からほめてもらえない...そんな時は

ほめて欲しいと言われても、なかなかほめられないのが日本人男性

最近、あなたは誰かからほめられましたか?

人はほめられると、ドーパミンが大量に分泌されます。ドーパミンは肌の代謝を上げ、さらには美ホルモンのエストロゲンの分泌を促進。だから、ほめられると肌はどんどんキレイになっていきます(詳しくは「恋をした時のきれいパワーと同じ効果!"ほめられる"だけで自然と美肌になる理由」をご覧ください)。
スキンケアをがんばっているのにお肌の調子がイマイチなのは、もしかしたらほめられ不足のせいかもしれません。

でも「ほめるなんて、彼氏・主人にはとうてい期待できない」という方も多いのではないでしょうか。
日本人男性は、どうしても言葉に出して直接ほめることを、恥ずかしいと思ってしまいがち。お願いして無理にほめてもらったとしても、それでは何だかうれしさが半減してしまいますよね(笑)。

女性同士なら、ほめ合うのが上手!

日常会話の中でサラっとほめ合えるのは、女性同士ならでは

実はほめてくれる相手は、好きな異性である必要はありません。家族や女友達や同僚など、その言葉を信じられる相手であれば誰でも大丈夫。またほめられる内容も、肌に関することでなくても効果は同じです。そう考えると、ほめられるハードルも少し下がってきませんか?

中でもおすすめは、女友達や同性の同僚です。やっぱり同性同士なだけあって、ほめて欲しいポイントを見つけるのが上手。「そのバッグ、秋の新作? ステキ!」「あ、ネイル変えたね! 可愛い」など、女心をくすぐるうれしいセリフをサラっと言ってくれます。

ほめて欲しいならまず自分から

オシャレして待てども待てどもほめてもらえない......
そんな時は、自分からほめるのが1番の近道です。
「あまりほめたことがないから、何を言えばいいの」と不安になることなかれ!ほめられてイヤな気分になる人は少ないはず。思い切って、周りの人をほめてみましょう。人間関係が円滑になる上に、ただ待っているよりも、確実にほめ返してもらえるチャンスが倍増します。

脳と関係あり?! ほめ上手さんが幸せ美肌な理由

ほめ上手さんは、ほめる→みんなハッピーの幸福サイクル

そして何よりも、人をほめることで「ほめられた人」はもちろん、「ほめた自分」もキレイ&ハッピーになれることをご存じですか? これは脳医学の見地からも立証されています。

脳は、新しい脳と古い脳の大きく2つに分かれています。新しい脳は、物を考えたり判断したりするところ。古い脳は、無意識化で身体のリズムをコントロールするところ。つまり、見聞きした情報を新しい脳で考え、それを古い脳が受け取って、身体に色々な指示を出すのです。

情報を受け取るとき、古い脳は"誰が"という主語を判別できないと言われています。つまり「○○さん、可愛いね」とほめた言葉を、古い脳は「私、可愛いね」と捉えるんです! 脳は自分がほめられたと思い込んで、実際に他人からほめられた時と同じようにドーパミンやエストロゲンを分泌します。誰かをほめると、なんだか自分まで幸せ気分になれるのは、ドーパミンによる高揚感からだったんですね。

逆に、他人の悪口ばかり言っていると、脳は自分のことだと判断して、どんどん顔も心もブス化していってしまいます。周りを見渡してみて下さい。ほめ上手さんはいつもニコニコ幸せそうで、お肌も潤っていませんか?
スキンケアの衣替えと一緒にほめ生活をスタートして、内側から輝くような笑顔と美肌を手に入れちゃいましょう。