Lifestyle ライフスタイル

一生懸命だけじゃダメ!職場をしなやかに生き抜く「大人の女10ヶ条」

2015.01.09

マジメにコツコツやっていればきっと報われる......。
そんなピュアな気持ちは素敵だけれど、努力をするだけでは、残念な結果になりがちです。
ちょっぴりビターな現実をしなやかに生き抜く「大人の女10ヶ条」をチェックしてみましょう。

1.努力に逃げて満足しない
一生懸命に取り組む。それは美しいことですが、働く女性は誰だって一生懸命。頑張るだけでは結果はでません。努力に逃げる前に、戦略を練るのが大人の女。

2.努力の方向を間違わない
結婚したいから、縁結びの神社に行く。上司に評価されたいから、イヤな仕事も引き受ける。そんなことよりも、出会いを増やす努力や、自分の仕事で評価される努力が重要です。経験を重ねたからこそできる、努力ポイントの見定めを忘れずに。

3.お願い上手になる
甘えベタは、頑張り屋さんほど陥りやすい罠。良いことのように見えますが、ビジネスでもプライベートでも致命傷だと気づきましょう。周りを巻き込み、成果を出していくスキルは管理職でなくとも必要不可欠。

4.モノも気持ちも整理整頓
必要なモノを探すのに費やす時間は1年で60時間、女性が不機嫌でいる時間は1年で150時間とも言われています。モノも気持ちも、こまめに整理。時には切り捨てる勇気と余裕を持ち合わせて。

5.おしゃべりを活用できる
統計によると、職場での助け合いは、コミュニケーションの回数と比例するのだとか。群れずに仕事に没頭するのだけが、最強スタイルにあらず。大人の女は、おしゃべりさえも活用してしまうのです。

6.生産的な休息がとれる
大人の女は、頑張り過ぎの功罪を知っています。休むのは「怠け」ではなく、人生という長距離レースをしなやかに走り抜けるための準備。無理ができなくなってきた大人の女にこそ、生産的な休息が必要なのです。

7.キレイのバージョンアップを欠かさない
女性は自分が一番モテた時のメイクを引きずる傾向があるのだとか。
そのメイク、その髪型、その服装は、今の「なりたい自分」に相応しい?
今の自分に合ったキレイへの努力は、戦略であり設備投資だと心得るべし。

8.自分のご機嫌のとり方を知っておく
イライラしたり、悲しみに打ちひしがれたり。
感情に影響されやすい女性だからこそ、ストレス対処法を知っておくのはマスト。時には現実から逃避できる緊急避難場所も必要です。

9.真実は1つでないことを心得る
「もしかして、何か事情があったのかもしれない」「もし、私の思い違いだったとしたら?」正義を振りかざす前に、相手にとっての真実を想像する。その懐の広さが、大人の女を輝かせます。

10.「損」を「誇り」に変換できる
女性は仕事そのものだけでなく、気配りや調整力、そして周りをたてることまで求められます。それを損だと感じるのが女子。それができる母性を誇りにできるのが大人の女。

Text:悪女学研究所所長 藤田尚弓