Lifestyle ライフスタイル

人間関係を円滑にする!もらった人が思わず笑顔になるプチギフトの選び方

2015.08.11

ちょっとしたお礼やお祝いギフト、何を選ぶ?

ハート型のプチギフトの手で包む

何かしてもらった時に、あなたは「ありがとう」の言葉で充分だと思っていませんか?

相手の労力によっては、ねぎらいの言葉だけでなく、感謝の気持ちを形にすることでより良好な人間関係を築くことができるうえ、あなたへの印象もUPします。意外と影響が大きい贈り物ですが、好意で渡したもののはずなのに、贈るものによってはセンスを問われることもあり、迷ってしまうことも。

そこで、受け取った人が思わず笑顔になれるギフトの選び方をお教えします。

バックに忍ばせておきたい500円前後のギフト

プチギフトに便利なカワイイ入浴剤や石鹸など

突然のめでたい報告を受けた時や無理なお願い事をする時などに、その場で渡すギフトとしていつもバッグに500円前後のギフトを忍ばせておくと大変便利です。500円前後なら、相手に「お礼に何か返さないと」とプレッシャーを与えづらい価格帯。
ポイントは持ち運ぶのが大変でない「軽くて小さいもの」であることと、誰に渡すかわからないので「好みが出づらいもの」であること。

たとえば、バス・コスメ系なら洗顔マッサージパフやシートマスク、入浴剤、かわいい形を模した圧縮タオルなど、色や柄の好みが出づらいものが良いでしょう。また、長期保存がきくティーバッグやクッキーなどの飲食物もきれいにラッピングしておけば、ちゃんとギフトとして成立します。

女性に渡す想定なら、シュシュやハンカチなどもおすすめです。男性に渡す機会が多いなら、プレゼントの中身はユニセックスに使えるものが良いですが、ラッピングに女性らしさを演出できると、「女性からプレゼントをもらった!」と嬉しさが増すようです。

クオカードやコーヒーショップのプリペイドカードなども悪くはありませんが、「いくらもらった」という現金感覚になる人もいるので、注意が必要。「100均でも買えるけど、少し奮発するととても良いものが買える」という視点を持つと、おのずと普遍的に喜ばれるギフトが思いつくのではないでしょうか。

ギフト感を盛り上げるかわいい付箋

メッセージカードに使えるデザイン性の高い付箋

プチギフトを渡す時に付けたいのが、メッセージカード。とはいえ、いつもミニレターセットを持ち回るのは難しいかもしれません。

そこでレターセット代わりに使いたいのが、デザイン性の高いかわいい付箋です。3~5枚を財布の中に入れておけば、かさばらず持ち運ぶことができます。

筆無精の人でも、付箋なら2~3行の感謝やお祝いの言葉と、相手と自分の名前を書けば埋まってしまうので、気負わず書くことができるのではないでしょうか。もらった相手からすれば、「メッセージカードまで付けてくれた」と変換されるので、より感激してもらえるはずです。

ギフトを贈るのは損?

プチギフトで人間関係を円滑にする女性たち

500円とはいえ、あげるばかりだとつい「自分ばかり損している」と思ってしまいがち。しかし、考え方を変えてみて下さい。500円で人間関係が潤滑になるなら、コストパフォーマンスは抜群に良いと思いませんか?

人間関係で悩む時間を500円で回避すると思えば安いもの。支払う額は500円前後かもしれませんが、自分に返ってくるものはプライスレス。それくらい人に好かれるということは自分のメンタルにとって良いことづくめなのです。

あなたの打算的な心の内は表に出す必要はありません。笑顔で「ありがとう」「おめでとう」の言葉と共にプチギフトを渡すだけで、あなたは相手に「気が利く」「優しい」「素敵な」人として認識され、良好な関係を築くことができるでしょう。

TEXT:Ai Aizawa