Lifestyle ライフスタイル

節約してもキレイでいたい!貯金とキレイが両方叶えられる、賢いお金の使い方とは

2017.03.21
「貯金をふやすには、節約をがんばらないといけないから、キレイをがまんしなくてはいけないの......?」と思っている人も多いのではないでしょうか。実はこれは、勘違い。上手に節約しながら貯金をふやして、キレイをキープできる方法はあるのです。今回は、お金のプロが、そのコツについてお伝えします!

小容量のものから使い、お気に入りの基礎化粧品を見つけよう

貯金とキレイを両立させようと思ったときに、失敗しがちな例がいくつかあります。

それは、使用感があまり気に入っていなかったり、「安いから」という理由で選んだりした基礎化粧品を使うことです。確かにお値段は安く済むかもしれませんが、「私はいつも節約をしている」という気持ちが募り、ストレスにつながり、いつかリバウンドがきて散財につながってしまうのです。

また、オトクだからと思って、割安な"大容量"のものばかり買うのも失敗につながることがあります。「たっぷりあるから」と思って、雑に使ってしまうほか、まだ残っているのに他の基礎化粧品に目が移って、古くなりダメにしてしまうケースが多々あるからです。

自分が本当に気に入りそうなものを、まずはサンプルか小容量のものから使い始めることをオススメします。

 

 

睡眠や運動、栄養など、美肌作りの習慣を

基礎化粧品のサンプルや小容量のものを試して気に入ったら、定期購入するのも手です。特に基礎化粧品なら毎日使う分量もほぼ同じなので、足りなくなって買い足す時期も決まってくるものです。定期購入を申し込むと割引になるケースもあったり、購入した金額に沿ったポイント制度でノベルティがもらえたりするのでチェックしてみましょう。

さらに、化粧品代を抑えることだけでなく、お肌を整えるための生活習慣も重要です。早寝早起きをして適度に体を動かし、身体にいい栄養を取るのも美肌につながることでしょう。また、ストレス解消のために本を読んだり映画を観たり、リフレッシュできる時間をつくることも意識したいものです。

筆者自身の体験ですが、以前睡眠時間が少なくストレスがたまっていたころは、お肌の調子がよくありませんでした。ところが、早寝早起きを心がけストレスをなるべく早めに解消するようにしたら、お肌の調子が回復してきました。

ストレスをうまく解消できれば、衝動買いも減り、お金が貯まるだけではなく、ハッピーな時間も増えていくのです。

 

 

上手に節約できたら、次のお楽しみに向けて貯めておこう

うまくセーブできたお金は、どうしたらよいのでしょうか。他のところで無駄遣いをしてしまうと、せっかくセーブした意味がなくなってしまうので、上手に活用したいものです。

オススメは、貯蓄用の銀行口座にその分のお金を入れるか、毎月積み立てでお金を貯めている人は、その金額を数千円くらいアップしてみることです。仮に毎月5000円アップできれば、1年間で6万円という少しまとまったお金になり、欲しかったものを買えるようになります。「貯まったら何を買おうかな」と考えて、リストアップしておくと楽しみが倍増するはずです。

スキンケアを例にお楽しみ倍増計画を練ってみると、いつも化粧水とクリームを使っているけれど、マスクや美容液を購入してみたり、美白やリフト系のクリームに変えてみたり。美容以外でも、旅行してみたり、アート鑑賞してみたりと心にうるおいを与えることをしてみるのもいいかもしれませんね。

以上、しっかり貯金しながらキレイも叶えられる方法についてお伝えしました。貯金もキレイも、どちらもキープしたいものですよね。ぜひ、試してみてください!

Text:Miki Nishiyama