Lifestyle ライフスタイル

それってデジタル依存症?スマホをOFFにして気づいたこと

2018.11.02

米肌が会員向けに行ったアンケート調査(2018年9月実施・回答者数3395人)によると、約7割の人が「スマホに依存している」と回答しています。もし日ごろから「時間がない!」と感じているとしたら、それはスマホに依存してしまう「ダラダラスマホ」が原因かもしれません。

 

 

スマホによりシミ、たるみ悩みが若年化⁉

ここ近年、その影響の大きさから何かとクローズアップされることが多い「スマホ」問題。美容面でも、ブルーライトがシミやくすみを促進する事実が解明されたり、下向き姿勢が続くことで首回りの筋肉がロックオンし、顔のたるみが助長されるなど、20代がターゲットの媒体でもエイジングケアの企画が組まれるほど。

また、寝る間際まで情報とブルーライトにあたり続けることで脳の興奮状態が続き、上手に副交感神経へスイッチできず、眠りの質が低下します。結果、慢性的な疲労感や頭痛、肩凝り、やる気の低下など、さまざまな身体の不調の原因に。

現に、米肌が会員向けに行ったアンケート調査によると、スマホによる身体の不調を半数以上の人が実感しているよう。これはかなり由々しき事態です。 

米肌が会員向けに行ったアンケート結果。スマートフォンやタブレットを使うようになってから、身体に不調を感じている人は53%にのぼりました。

 

 

不調を感じていると答えた人に、感じている不調をたずねたところ、「目の疲れ」「肩凝り」などの身体的なものだけではなく、「目のたるみ」「目のクマ」「顔のたるみ」など、美容面にも影響が出ていることがわかりました。

 

 

知らず知らずのうちにスマホ依存に?

とはいえ、調べものをしたり、情報収集するのに今の時代、スマホはなくてはならない存在。反面、SNSなどの発達により、空いている時間は何をするわけでもなく、惰性でスマホを見てしまうという人が多いのも事実。起きたらまずはスマホチェック、誰かと一緒にいるのにスマホを見ている、何をしていても1時間に1回以上スマホを見ないと気が気ではない......、など、知らず知らずのうちに、もしくは、薄々気づいてはいるけれどスマホ依存になってしまっているのかも⁉ 

でも、ちょっと考えてみてください。スマホがここまで発達する前、空いている時間に何をしていたか、を。友人とひたすら話す、本や映画に没頭する、趣味に費やす、ぼーっとする......など、何でもないようでも、実はこれら自分のための時間は精神をリラックスさせ、自然と生活にオンとオフのリズムをつけていたのです。

しかし、ダラダラスマホは、常に脳が興奮状態のためリラックスモードにはならず、結局、時間を消費し続け、疲労させてしまうことに。ならば、趣味や勉強、さらには自分のメンテナンスに、今スマホに充てている時間をスライドしたほうが建設的ではないでしょうか。

スマートフォンやタブレットに時間を使い過ぎている(依存している)と感じている人は、「よくある」「たまにある」を合わせると、67%という結果に。

 

 

意識して"スマホを見ない"時間を確保

無意識に見てしまっているスマホだからこそ、今必要なのは、"意識して見ない時間を作る"こと。それには、スマホに関して自分なりのルールを作ってみるといいと思います。

たとえば、寝る1時間前はスマホを見ない、電車での移動は本を読む、スマホは手に持たず必ずバッグに入れる、など。すると、必要だと思っていたスマホタイムがそれほど必要でなかったことに気づき、"ない"と思っていた時間が作れるようになるはずです。

スマートフォンやタブレットを使えなくなった場合、代わりにしたいことのトップ3は「趣味」「家族や友人とゆっくり過ごす」「美容(自分のメンテナンス)」という結果に。

 

 

できた時間は自分を慈しむ時間に

時間的な余裕が生まれたところで見直したいのがスキンケアタイム。それこそ、スマホがここまで発達する前は、「秋の夜長はお籠り美容」と題し、じっくりスキンケアタイムを提案してきました。季節が冬へと変わる今の時期、肌は乾燥でゆらぎやすくなるため、ここでしっかりとケアをすることが大切。うるおいがきちんと保持できていると、乾燥が本格化する冬に大きな肌トラブルに見舞われることが少なくなります。

そこでおすすめなのが、日本で唯一、肌の水分保持能改善効果が認められている美容成分「ライスパワー№11」を高濃度配合している米肌の「肌潤改善エッセンス(医薬部外品)」。ヒアルロン酸の産生を促し、さまざまな肌悩みの原因となる乾燥を根本的にケアすることで、乾燥に負けない肌へと導きます。

スマホに使っていた時間を改めて自分のために使う。スマホとの距離を見直すと、これまで見過ごしてきた大切なことがもう1度見えるようになるはず。今こそ自分磨きの"時間"を作ってみませんか?

<おすすめのアイテム>
肌潤改善エッセンス(医薬部外品)30ml 7,000円(税抜)

セラミドを生み出し、肌の水分保持能を改善する「ライスパワーNo.11」を高濃度配合した美容液。キメ細かく透明感のある肌に導きます。

 

 

<執筆>藤井優美

美容業界歴25年。美容専門編集プロダクション「dis-moi」主宰。美容専門誌、女性誌の美容記事の企画・制作・執筆をはじめ、コメンテーターやアドバイザー、セミナー講師として活動。元エステティシャンという経歴を生かし、コスメ開発やエステアドバイスも行う。

 

http://dis-moi.co.jp/

 

 


<関連記事>
秋旅行に!温泉とパワースポットでうるおいチャージの美肌旅
「死ぬまで初めて!」84歳の淑女・草笛光子さんが輝きを増す理由
年代別に目指したい!「大人の女性」に近づく美容ヒント