Lifestyle ライフスタイル

太見えせず、洗練された着こなしに! 「大人のリラックスワンピ」5選

2019.06.18

見た目も着心地も涼しげで、コーディネート要らずのワンピースは、夏のおしゃれの強い味方。今夏はリラックス感のあるスタイルがトレンドとあって、アラフォー世代の大人ボディにうれしい、ゆるっと楽ちんな着心地のワンピースが大豊作なんです! でも、選び方を間違えると、大人にはカジュアルすぎたり、太見えしてしまうことも...。そこで、大人が選ぶべきリラックスワンピースを、スタイリストの伏見知恵子さんにうかがいました。

 

 

体型を隠せるゆったりワンピースこそ、ディテールや色、素材に"締めどころ"が必要

今夏は、生地をたっぷりと使ったボリュームワンピースやロングワンピースが一大トレンド。気になるボディラインをカバーすることができるので、アラフォー世代にはうれしいアイテムです。でも、"ゆったり一辺倒"では、見た目も"楽をしている"印象になり、その手抜き感でオバ見えに。旬のリラックス感をまといつつ、すっきりと洗練された着こなしを叶えるには、ディテールや色、素材に"締めどころ"のあるワンピースを選ぶことがコツです。

【Type1】ボリュームワンピースはシックな色使いが正解

ワンピース 24,000円(税抜)/パシオーネ、サングラス 11,000円(税抜)/ポラロイド(サフィロジャパン お客様相談室)、バッグ 32,000円(税抜)/ミカデラヴァッレ(オフィチナ クレアティヴァ)、スニーカー 5,500円(税抜)/ケッズ(ケッズ インフォメーションセンター)

生地をたっぷり使ったボリュームワンピースは風を受けるたびに揺れ、体型をカバーしながらも、夏らしい軽やかさを演出できます。ただし、白やパステルカラーなどの淡い色を選んでしまうと膨張して見えやすく、ガーリーな印象になりがちなので、大人はキャメルやブラウン、ネイビー、ブラックなど引き締め効果のあるシックな色を選んで。光沢のある素材ならダークトーンでも重くならず、華やかさもまとえます。また、全身を覆い隠すよりも、どこかに抜け感を出すとすっきり見えるので、上半身はノースリーブなどコンパクトなデザインが◎。肩をしっかり覆う太めのノースリーブなら、腕をほっそり見せる効果も。

マゼンタピンクの巾着バッグや、厚底スニーカーなど存在感のある小物でアクセントをつけると、一層メリハリのある着こなしに。

 

 

【Type2】リネン素材のティアードワンピはストライプで引き締め

ワンピース 34,000円(税抜)/ヌキテパ(ヌキテパ 青山)、ネックレス 14,900円(税抜)/マジョリー ベア(スタイリズム)、バッグ 12,000円(税抜)/ハンスリー(イクヌーザ) 、サンダル 13,000円(税抜)/カステジュール(ウォッシュ ルミネ横浜)

リネン素材、ティアードデザインなど、旬要素たっぷりのロングワンピースは、一枚で今年らしい着こなしに。大人っぽく着こなすなら、リネン素材のナチュラル感とティアードデザインの甘さを程よく引き締める"辛さ"を加えたアイテムを選んで。ネイビー地にライトグレーのストライプは、ホワイトのストライプよりも大人っぽい印象で着こなせ、縦長を強調し、すっきり見えを叶えます。また、胸元を一部ボーダーにして切り替えることで、上半身をコンパクトに見せ、周囲の視線を上げる効果も。

メタリックカラーを取り入れたアクセサリーやバッグ、アニマル柄のサンダルなど、辛口小物を合わせれば、タウンにも映えるスタイリッシュなコーディネートが完成!

 

 

【Type3】落ち感ワンピースは、ウエストマークでメリハリを

ワンピース 24,000円(税抜)/メゾン スペシャル、ストール 20,000円(税抜)/アマカ(SANYO SHOKAI カスタマーサポート) 、バッグ 40,000円(税抜)/ミカデラヴァッレ(オフィチナ クレアティヴァ) 、パンプス 7,400円(税抜)/スタジオ(ウォッシュ ルミネ横浜店)

とろみのある"落ち感"のあるワンピースは、女性らしい華奢さを演出してくれるアイテム。華奢さに加えてメリハリを出すなら、ウエストマークがあるデザインがオススメ。こちらのワンピースは、ウエストで切り替えているので、締め付け感はないのに、ウエストがキュッと締まって見えるうれしいデザイン。また、胸元の斜めディテールが、間延びしがちな"白"のひとクセポイントになっています。

実はこのワンピース、ホワイト×ベージュピンクのノースリーブワンピースと、ホワイトのキャミソールワンピースの2点セットで、セットで着ると写真のように裾からキャミソールワンピースがのぞきます。もちろん、それぞれ単品でも着こなせます。

丸みのあるデザインのバッグやパンプス、やわらかな素材&カラーのストールを合わせて、ソフトな印象のワンピースの魅力を際立たせて。

 

 

【Type4】リゾートで着たい肌見せワンピースはVネックをチョイス

ワンピース 14,800円(税抜)/カーキ、サングラス 10,000円(税抜)/ポラロイド(サフィロジャパン お客様相談室)、バッグ 4,900円(税抜)/アコモデ(アモコデルミネエスト新宿店)、サンダル 24,000円(税抜)/ガボール(ハヤシゴ)

夏のリゾートでは、肌をすっかり覆い隠してしまうよりも、適度に肌を見せるほうが、抜け感があってオシャレに見えます。とはいえ、ボディラインの丸みが気になってくるアラフォー世代は、肩や脚を大胆に露出するワンピースはハードルが高いもの。そこで、ぜひ取り入れたいのがVネック。大人になると鎖骨周辺の肉が落ち、デコルテがすっきりしてくるので、深めのVネックで肌見せするのが正解! シャープなVネックのラインには、スタイル全体をほっそり見せる効果もあります。その分、肩や背中などの露出は控えめにすると、ちょうどよいバランスに。また、ノースリーブを生々しく見せないためには、脇が開きすぎていないデザインを選ぶこともポイントです。

着やせ効果を狙うにはダークカラーを選びがちですが、ビビッドカラーも一枚でメリハリが出るのでオススメ。アクセ要らずで、華やかな着こなしが叶います。昼間のリゾートでは写真のように遊び心のある小物をプラスして、ディナーには小物をクラッチバッグやヒールサンダルに替えるだけでエレガントな印象に。

 

 

【Type5】カフタンはスリット入りが◎ レギンスを合わせて旬の装い

ワンピース 39,000円(税抜)/CNLZ、レギンス 800円(税抜)/チュチュアンナ、バッグ 13,000円(税抜)/タスティング(グリニッジ ショールーム)、サンダル 24,000円(税抜)/オーリック(ハヤシゴ)

リラックスワンピースのトレンドにのって、注目を集めているのがトルコや中央アジアなどのイスラム文化圏で着用される民族衣装カフタン。袖も丈も長くゆったりしていて、日差しを遮り、風通しがよいのが特徴です。すっきりと着こなすなら、ハリのある素材で、サイドにスリットが入ったデザインがイチ押し。レギンスを合わせれば、気になる脚の露出をカバーしつつ、最旬のスタイルが完成します。袖は少しふんわりたくしあげてブラウジングさせ、華奢な手首を出すと、細見え効果がUP!

ともするとパジャマっぽい雰囲気になりがちなカフタンをタウン仕様で着こなす場合は、シャープなブラック小物で引き締めると、ぐっとスタイリッシュな着こなしに。

 

 

<ショップリスト>
アコモデルミネエスト新宿店 03-5925-8278
◆イクヌーザ 03-5770-3347
ウォッシュ ルミネ横浜店 045-451-0821
オフィチナ クレアティヴァ 090-9399-9907
カーキ 06-4390-7008
◆グリニッジ ショールーム 03-5774-1662
ケッズ インフォメーションセンター 03-5413-7195
◆サフィロジャパン お客様相談室 0120-54-7750
SANYO SHOKAI カスタマーサポート(アマカ) 0120-340-460
CNLZ
スタイリズム 03-6441-3751
ヌキテパ 青山 03-6427-9945
チュチュアンナ 0120-576-755
◆パシオーネ 03-3473-5200
◆ハヤシゴ 03-5464-7745
メゾン スペシャル03-6451-1660

 

 

 

Photo:Kozue Hanada
Stylist:Chieko Fushimi
Text:Asami Iwahashi

<関連記事>
脱おばさん見え!ちょっとの工夫で「若見えおしゃれ」
人気スタイリスト 福田麻琴さんに聞く!「大人がもう一度オシャレを楽しむためのヒント」
人気スタイリスト 福田麻琴さんが伝授!「脱・ご近所な大人映えボーダーコーデ」