Lifestyle ライフスタイル

タウンからレジャーまで! 夏本番は「着るUVカット」を取り入れよう

2019.06.21

夏本番に向けて、どんどん強くなる紫外線。日やけ止めに加え、身に着けるだけでUVカットできるウエアやグッズを味方につければ、もっと安心! でも、いかにも日差しを避けています!と宣言しているようなアームカバーはファッションの視点からは微妙...。そこで、オシャレに着こなせて紫外線対策ができる「着るUVカット」を、スタイリストの伏見知恵子さんにレクチャーしていただきました。

 

 

タウンやお仕事には、UVカット機能付きジャケットやワンピが頼れる!

UVカット機能のあるウエアやグッズは、もともとアウトドアブランドやスポーツブランドが得意としていたジャンルですが、最近ではアパレルブランドでも積極的に展開されていて、タウンやオフィス仕様のウエアが続々と登場しています。夏に着たくなる涼しげなホワイトや淡色系のウエアは、紫外線を通しやすいことがネックですが、UVカット機能のある素材なら安心して着こなせます。

1.UVカットに加え、吸水速乾、接触冷感を備えた夏にうれしいワンピース。落ち着いたイエローはON/OFFともに活躍。ワンピース 13,000円(税抜)/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店)
2.夏の通勤に頼れるUVカット&吸水速乾のジャケット。ジャケット 7,996円(税抜)/ファビア(オットージャパン)
3.フリルがコーデのポイントになるUVカットTシャツ。Tシャツ 12,000円(税抜)/ローファッジ(ホワイトジョーラ)
4.スポーツウエアブランドならではの高いUVカット〔UPF15-30、紫外線カット率85%以上〕&吸水速乾がうれしいTシャツ。ブラウス見えするとろみのある素材感とスリットもオシャレ。Tシャツ 8,000円(税抜)/ダンスキン(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

 

 

バーベキューやキャンプには、オシャレに進化したアウトドアウエアを

屋外のアクティビティでの着用を想定しているアウトドアブランドやスポーツブランドは、UVカット効果はもちろん、撥水加工、吸水速乾などの機能性を備えたウエアは大得意! 少し前までは機能性は高いけれど、気軽なアウトドアやタウンで着るには本気すぎる...というものが大勢でしたが、ここ数年のアスレジャーブームで状況が一変。アウトドアにもデイリーにも着こなせる、ボーダーレスなウエアやグッズが登場しています。お昼は自然の中でバーベキュー、夜は街にくり出してごはんなど、シーンの変化に対応できるスタイリッシュなウエアも。

1.UVカット、吸水速乾機能付き。キャップ 6,900円(税抜)/カシラ(カシラ ショールーム)
2.優れたUVカット機能でアウトドアやスポーツシーンに最適。サングラス 18,000円(税抜)/オークリー(ルックスオティカジャパン(オークリー))
3.UVカット〔UPF15-30、紫外線カット率85%以上〕、撥水加工で、紫外線にも雨にも強い。フロントタックですっきり見え。アンクルパンツ 12,000円(税抜)/ダンスキン(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
4.UVプロテクト〔UPF50+、紫外線カット率95%以上〕、吸汗速乾機能付き。高通気素材を使用しているので、UPF50以上をキープしながら涼しく、ストレッチ性のある素材で動きやすく快適です。コート 16,000円(税抜)/ダンスキン(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
5.UPF40の高いUVカット力、湿度コントロール機能、消臭加工など、夏向け機能満載! Tシャツ 5,600円(税抜)/ホグロフス(アシックスジャパン ホグロフス事業部)
6.UVカット〔UPF15-30、紫外線カット率85%以上〕、吸汗速乾、撥水加工付き。スカートのように見えるキュロット風ショートパンツは、フェミニン派も挑戦しやすい。ショートパンツ 8,000円(税抜)/ダンスキン(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
7.夏もサラッとはける薄手のUVカットレギンス。タイツ 9,000円(税抜)/ヘリーハンセン(ヘリーハンセン原宿店)

 

 

ビーチやプールでは、濡れてもOKなUVカットウエアを取り入れて

ビーチやプールでのファッションは、紫外線に加え、水濡れや体型カバーも気になるもの。そんなときに頼りになるのが、スイムブランドをはじめとするスポーツブランド。ここ数年スイムウエアのファッション化、バリエーション化が進んでいて、スタイリッシュなデザインのラッシュガードや、水際でもタウンでも着られる水着素材のワンピースなどが登場。また、水着の上にはパーカーが定番ですが、代わりに吸水速乾のガウンコートをさっと羽織れば、オシャレ度がグンと上がります。

1.UVカット〔UPF15-30+〕、耐塩素性のラッシュガード。アシンメトリーなデザインでモードに着こなせます。ラッシュガード 7,900円(税抜)/スピード(ゴールドウィン カスタマーサービスセンター)
2.UVカット、速乾性のほか、塩素・日やけ止めで傷みにくく、カビを予防する生地を使用。ショートパンツ 7,000円(税抜)/スピード(ゴールドウィン カスタマーサービスセンター)
3.ポラロイドのレンズ技術を生かした偏光グラスで、紫外線を100%カット。サングラス 11,000円(税抜)/ポラロイド(サフィロジャパン お客様相談室)
4.UVカット〔UPF15-30、紫外線カット率85%以上〕、吸汗速乾。薄くソフトな風合いのストレッチ素材を使ったサマーコート。コート 20,000円(税抜)/ダンスキン(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
5.そのままカフェなどにも行ける、水着素材のワンピース。UVカット、速乾性のほか、塩素・日やけ止めで傷みにくく、カビを予防する生地を使用。ワンピース 18,000円(税抜)/スピード(ゴールドウィン カスタマーサービスセンター) ※7月発売予定
6.UVカット機能付きで、手洗い可能。折りたたんで携帯できます。帽子 12,000円(税抜)/カシラ(カシラ ショールーム)
7.水濡れOKのラバー素材ながらパッと見レザーのような高級感のあるデザイン。サンダル 3,500円(税抜)/グレンダ(シードコーポレーション)

 

 

ひと手間で、いつものウエアでもUVカット効果を高められる!

UVカット機能がないウエアを着るときも、ちょっとした工夫でUVカット効果を高めることができます。ひとつは、スプレーや柔軟剤でウエアにUVカット効果をプラスする方法。もうひとつは、UVカット機能付きのインナーを取り入れる方法です。この方法なら、お気に入りのウエアの出番がさらに増えそうですね。

1.洋服にUVカット、撥水、防汚加工をプラスできるスプレー。UV撥水シャットアウトスプレー 150ml 880円(税抜)/ヒューマンシステム(渋谷ロフト)
2.洋服を洗う時に一緒に使うと、UV吸収剤効果や防菌効果をプラスできる。ソフナー 900円(税抜)/キットソン(渋谷ロフト)
3.グンゼの「着る日焼け止めシリーズ」の汗取り付スリップ。UVカット率90%以上、吸汗速乾、防菌防臭加工。 汗取り付スリップ 1,800円(税抜)/クールマジック(グンゼ)
4.グンゼの「着る日焼け止めシリーズ」のブラキャミソール。UVカット率90%以上、吸汗速乾、防菌防臭加工。 カラフルなカラーラインナップで見せてきてもOK。 カップ付キャミソール 各1,700円(税抜)/クールマジック(グンゼ)
5.グンゼの「着る日焼け止めシリーズ」の 5分丈ボトム。UVカット率90%以上、吸汗速乾、防菌防臭加工。ややフレアのシルエットで、透け感のあるワンピースやスカートのインナーにも◎。 5分丈ボトム 1,300円(税抜)/クールマジック(グンゼ)

 

 

<ショップリスト>
アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店 03-6434-1476
アシックスジャパン ホグロフス事業部 03-6369-8885
オットージャパン 0120-703-816
カシラ ショールーム 03-5775-3433
グンゼ 0120-16-7874
◆ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560
スピード
ダンスキン
◆サフィロジャパン お客様相談室 0120-54-7750
シードコーポレーション 03-6709-9662
渋谷ロフト 03-3462-3807
ヘリーハンセン原宿店 03-6418-9669
ホワイトジョーラ 03-6450-4103
ルックスオティカジャパン(オークリー) 0120-009-146

 

 

 

Photo:Kozue Hanada
Stylist:Chieko Fushimi
Text:Asami Iwahashi

<関連記事>
脱おばさん見え!ちょっとの工夫で「若見えおしゃれ」
人気スタイリスト 福田麻琴さんに聞く!「大人がもう一度オシャレを楽しむためのヒント」
人気スタイリスト 福田麻琴さんが伝授!「脱・ご近所な大人映えボーダーコーデ」