Recipe レシピ

スペインが世界No.1の生産量!オリーブオイルでヘルシーに美しく

2014.10.29

スペインと言えば、ワイン、サッカー、フラメンコ、闘牛、ガウディの建築物、ダリのアート......など、様々な魅力がありますが、実は、世界一の消費量を誇っているのが「オリーブ」。

日本への輸入量のシェアをみるとイタリアが大きく上回っており、またスペインよりイタリア料理のほうが日本ではだいぶポピュラーであることから、オリーブオイルの産地というとイタリアを思い浮かべる方が多いと思います。筆者も、スペインに出かけたときに初めて、スペイン産のオリーブオイルの多さに驚かされました。

オリーブオイルは肌の老化を防ぐ?!

そんなオリーブオイルは、タパスやパエリアなどのスペイン料理でもちろん堪能できますが、美味しいだけでなく美容・健康効果の面でも優れています。
ビタミンA、D、K、E、βカロチン、ポリフェノールなど、様々な栄養素が含まれていて、動脈硬化や心筋梗塞などの予防や、肌の老化を防ぐ働きがあったり、整腸効果によって便秘や下痢を改善する効果などもあるとされています。

1日にティースプーン1~2杯ほどのオリーブオイルをとることで、美容・健康効果がアップ。パンにつけるだけでなく、スムージーやヨーグルトなどに加えたりするのも良いですし、意外と和食にも合うのが嬉しいです。

食用としてぜひ選んでいただきたいのが、「エキストラバージンオリーブオイル」。オリーブの果実をそのまま絞って抽出し、化学処理をしていない最高級品質のオイルです。

最近は、有機栽培されたオリーブから作られるオリーブオイルも多く、オリーブオイルを使用したクレンジングオイル、石けん、ハンドクリームなどが、もはや定番に。

筆者もバルセロナを訪れたとき、様々なオリーブオイルの瓶がずらりと並んでいるオリーブオイル専門店で、変わり種のオリーブオイルやオリーブオイル入りスキンケアアイテムを、お土産に大量買いしたものです。

日本でも手軽に手に入るオリーブオイルだからこそ、食べて、お肌で、美味しく味わってキレイを高めてみませんか?