Recipe レシピ

簡単なのに本格的!バレンタインに贈りたい、甘酒を使った生チョコレシピ

2018.02.02

発酵食品である米麹から作られた甘酒とカカオパウダー、2つの材料だけで、本格的な生チョコレートを作れるレシピです。

今、話題の米麹から作られた甘酒には美肌成分のコウジ酸や、代謝を促進し、疲労を回復するビタミンB群が多く含まれています。また、麹にはオリゴ糖も含まれていて整腸作用もあるので、食べながら美容効果が期待できますね。

その上、カカオパウダーは抗酸化物質やポリフェノールが豊富なので、エイジングケア効果も望めます。バレンタインに贈るのはもちろん、美容によいスイーツとして、自分へのご褒美に作るのもオススメ。

甘酒によって砂糖の分量、甘みなどが違うので、甘みが足りない場合は粉糖を加えてください。またブランデーやラムなどを加えるとチョコレートに風味が増します。お好みでお試してくださいね。

 

 

材料と作り方

<材料>生チョコレート 12個分
米麹甘酒 80ml
カカオパウダー 40g


<作り方>
①甘酒をミキサーにかけ、全体がなめらかになるまでかき混ぜる。
(ミキサーがない場合は、泡立て器で混ぜるだけでもOK。ただし、甘酒の粒が残りやすくなり、なめらかな食感が損なわれるので、なるべくミキサーを使うのがオススメ)

②甘酒をボウルに移し、カカオパウダーを3回に分けて加え、よく混ぜる。

③オーブンペーパーを敷いた保存容器に入れ、約2cmの厚さに平らにならす。
(保存容器の材質は、どんなものでも可。約2cmの厚さにするには10cm×10cmが目安)

④冷えて固まるまで冷蔵庫で4〜5時間、できれば半日置いておく。

⑤お好みの大きさにカットする。柔らかくてカットするのが難しい時は、カットする前に冷凍庫で30分ほど冷やすとカットしやすい。

⑥表面にお好みでカカオパウダー(分量外)をまぶして出来上がり。

レシピ考案・文・写真:小松喜美
https://allabout.co.jp/gm/gp/125/