Recipe レシピ

【ようこそ美肌食堂へ】日本が世界に誇る"みそ"

2018.05.29

日本が世界に誇る"みそ"は大豆を発酵させることで栄養価が格段に高まることから、健康のために毎日摂りたいもの。和の素材をフレンチに仕立てて、いつもと違った味わいを。

 

 

美容だけでなく生命維持にも!みそは必須アミノ酸の宝庫

日本人のDNAに深く根付いたみそは、生きるために必要な必須アミノ酸が豊富で、美容から健康までサポートする頼もしい素材。例えば乳がんや胃がん、生活習慣病のリスクを下げることが分かっています。また抗酸化力や老化抑制機能、肌を明るくするとも言われています。

ビストロ「イレール人形町」の島田シェフのフランス修行時代には、ソースにみそを混ぜてコクを引き出したとか。そのコクとまろやかさを活かした、フレンチ流ソースとディップを召し上がれ。

ジューシーなお肉にコクをプラス
「豚肩ロースの赤ワインみそソース」

●材料(6人分)
・白みそ ... 50g
・砂糖 ... 小さじ1
・チキンスープ顆粒 ... 小1/2
・コーンスターチか片栗粉 ... 小1
・赤ワイン ... 250cc
・豚肩ロース ... 120g×4枚
・塩・こしょう ... 少々
・カリフラワー ... 8かけ
・芽キャベツ ... 2個
・スティックセニョール
(なければブロッコリー)...4本

●作り方
1.野菜はすべて塩ゆでしておく。
2.鍋に赤ワインを入れ、中火にかけて5分間アルコールをとばす。
3. 2の鍋に、白みそ、砂糖、チキンスープ顆粒を入れ、同量の水でといたコーンスターチ(または片栗粉)を加えてとろみがついたら火から下ろす。
4.豚肩ロースは塩・こしょうをして、強火でソテーする。香ばしい焼き色をつけるため、フライパンはあまり動かさないように。
5.焼きあがったら、お皿に盛り付けて熱いうちにどうぞ。

 

 

 

 

 

簡単!まぜて温めるだけ
「みそとオイルの極旨ディップ」

●材料(1人分)
・合わせみそ ... 25g
・水 ... 10cc
・エクストラヴァージンオリーブオイル ... 8cc
・パプリカ ... 各1/8個
・きゅうり ... スティック2本
・ブロッコリー ... 2かけ

●作り方
1.ブロッコリーは塩ゆでしてざるにあげておく。野菜はひとくちサイズに切る。
2. 合わせみそ(白みそならさらに甘みが出る)と水を鍋の中でよくといて、エクストラヴァージンオリーブオイルを加え、中火で温める。
3.ひと煮立ちしたらできあがり。
4.野菜を盛り付け、ディップは別皿に入れて召し上がれ。

 

 

 

 

 

<レシピ>島田哲也さん

パリの3ツ星レストランで腕を磨き、東京・人形町で「イレール」をオープン。TV「きょうの料理」「料理の鉄人」などに出演多数。

●自然と素朴をテーマにしたビストロ「イレール人形町」

住所:東京都中央区日本橋人形町2-22-2 電話番号:03-3662-0775