Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

恋をした時のきれいパワーと同じ効果! “ほめられる”だけで自然と美肌になる理由

2014.09.01

ドーパミンはきれいの立役者

2323610.jpg

「恋をするときれいになる」、大人女子なら誰しも経験したことがあるはず。ステキな恋愛をしているとなんだかお肌の調子がいい、それは気のせいではなく脳医学の見地からも立証されています。

恋をすると、ドーパミンという脳内物質の分泌が高まります。ドーパミンは快感を得た時に活躍する神経。ドキドキするのは、そのせいだったんですね。しかもこのドーパミンには、細胞の代謝を活性化する作用も。肌のターンオーバーが正常化されることで、肌がきれいになるという訳です。

"ほめられる"ことでもドーパミンは出る!

3472410.jpg

美肌でいるには、ステキな恋を365日間ずっと続けていればいい。でもそれはちょっと非現実的ですよね...。ドーパミンを出すのは、何も恋愛だけではありません。毎日の生活にある、身近なことでも十分にドーパミンを出すことができるんです。

それは"人からほめられる"こと! ほめられると、脳の報酬系と呼ばれる部位(腹側被蓋野・ふくそくひがいや)が刺激を受けます。そうするとドーパミンが大量に分泌され、嬉しくなったり、前向きな気持ちになったりします。ほめられると気持ち良くなるのには、ちゃんと理由があったんですね。

しかもほめられた満足感から「自信が持てる→脳の報酬系がより活性化→ストレスホルモンが減る→ストレスが減って元気に→ドーパミンがさらに出る」といった相乗効果もあると言われています。

美ホルモンも分泌され、さらにきれいに

4779094.jpg

ドーパミンは、美ホルモンと呼ばれるエストロゲンと相互関係にあります。どちらかの分泌が増えると、もう一方も増えるということ。つまりほめられると、エストロゲンも自然と増加します。

エストロゲンは言わずと知れた美ホルモンの1つ。肌や髪の新陳代謝を促し、肌のハリやツヤを保ってくれます。肌に限らず、バストを豊かにして、ウエストを引き締め女性らしい体を作る作用も。ただエストロゲンは加齢と共に減っていき、その分泌を食事や生活習慣で増やすのは中々難しいとされています。

頑張りやさんは、ほめられ美人

そんなエストロゲンがほめられるだけで分泌されるなんて、"ほめ言葉"には想像以上に大きなパワーがあるんですね。 まさに"ほめ言葉"は最強のスキンケア!

ちなみに「肌がきれいだね」「きれいになったね」という美容系のほめ言葉でなくても、効果は同じ。例えば仕事で成果を出して周りから高評価を受けると、肌まできれいになるおまけがついてきます。ほめられ肌になるためのスキンケアはもちろん、日々の生活の努力が全部きれいにつながっているなんて、何だか嬉しいですね。