Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

体がのびる~!「2人で行うヨガ」と呼ばれる、タイマッサージの心地よさの秘密とは?

2014.09.01
2170025.jpg

「2人で行うヨガ」とも言われているのが、タイ古式マッサージ。それは、タイ古式マッサージが、ヨガのポーズを取り入れた動きが多いことと、マッサージをする側も心地いい効果が得られるということが理由です。

痛みを感じることなく、指圧とストレッチを織り交ぜて行われる手技は、仕事柄ひどい肩こりや眼精疲労に悩まされている筆者が、プライベートで最も受けることの多いマッサージのスタイルでもあります。

ひとつひとつの技法をゆったりとしたリズムで行うので、痛みもなく大変リラックスできますし、全身のストレッチによって全身に血流が巡る感覚や、固まった身体が解き放たれてふわっと軽くなる感覚は、まさに至福の時間。

実は、タイ古式マッサージの源流は、タイの医学だけでなく古代インドの「アーユルヴェーダ」にあります。アーユルヴェーダはサンスクリット語で、生命の科学と言った意味を持つインドにおける伝統医学。自分自身が自らの心と身体の状態を知り、心身共に調和のとれた健康的な生活を送る方法について教えてくれます。そして、さまざまな地域や文化に根ざした手法にアレンジされていったのです。

インドに始まった「アーユルヴェーダ」の考え方を取りいれ、施術者にとってもかなりのヨガ効果やストレッチ効果を含んでいる、タイ古式マッサージ。夏の疲れを一掃したい今、深いリラックス効果を得るためにも、ぜひおすすめしたいマッサージです。