Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

オバさん顔に見えちゃう怖~い"たるみ"は笑顔エクササイズで今すぐSTOP!

2014.11.28

体重は20代前半の頃と変わらないはずなのに、フェイスラインがなんだかゆるんで太って見える...。

それはエイジングによる"たるみ"のサインかもしれません。天井を向いた状態で鏡を見てみてください。重力の影響を受けていない顔と普段の顔を比べて、たるみが気になったら"たるみケア"の始め時です。

ちなみにほうれい線は、線という名称からシワだと思われがちですが、これもたるみの症状の1つです。どれも皮膚のハリや弾力性を保つ真皮の成分やコラーゲン、エラスチンといった線維が、加齢や紫外線などの影響でダメージを受けることによって起こります。

また、加齢とともに皮膚を支える筋肉が衰えることからも、たるみは進行します。
風船のハリを担っている空気を「筋肉」だと想像してみてください。中の筋肉に弾力性があるときは、中から肌を押す力が強いため、 肌もピンと張った状態にあります。
しかし筋肉が老化し、弾力性がなくなると押す力が弱まり、風船の中の空気が抜けているのと同じような状態になります。 すると肌もたるみ、シワが入るようになるのです。

ニッコリ口角を上げることがたるみレスへの近道!?

表情筋の衰えからも進行してしまうので、顔の筋肉を日頃から意識的に動かすことが大切。特に難しいエクササイズは必要ありません。
簡単にできる表情筋のストレッチがオススメ!

たとえば、「す」と言いながら口をすぼめ、「き」と言いながら口角を上げるだけで 口のまわりの表情筋がストレッチされるので、気になるほうれい線にピッタリ。 日常でも簡単に取り入れられそう!

その他のハリ感UPマッサージはこちら
http://shop.maihada.jp/campaign/massage/lift/


また、表情筋がもっとも活発に動くのは「笑顔になる時」と言われています。口角を上げながらニッコリと毎日の笑顔をふやすことが、たるみレスな小顔美人への近道になるかもしれませんね!

Text:Miki Umezu