Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

冬に目立つのは「たるみ毛穴」! メイク崩れ知らずの毛穴ケアをおさらい

2016.01.12
メイクが崩れて毛穴が気になる女性

"毛穴のお悩み"というと、冬より夏のイメージが強いですよね。しかし、冬は本当に毛穴が目立ちにくいのでしょうか?

実は、冬のほうが毛穴が目立ってしまうという声を耳にしました。さらに、空気の乾燥している冬、乾燥した肌にメイクをするとムラになってしまいがち......。夕方になると、ファンデーションが毛穴で割れるようになり、かえって毛穴が目立ってしまったという経験がある方もいらっしゃるのでは?

そこで今回は、スキンケアのプロであるコーセープロビジョン、米肌 ビューティープロデューサー・宇都宮己良子さんに、夏に比べて軽視しがちな冬の毛穴の状態と、メイク崩れ知らずの効果的なケア方法をうかがいました。

乾燥する冬は「たるみ毛穴」が目立ちやすい

毛穴に悩む女性

以前、「あなたの毛穴は何タイプ?3種類の毛穴タイプを診断しよう」でも、様々な毛穴のタイプをご紹介しましたが、実は冬は「たるみ毛穴」が目立ちやすくなる季節です。

その原因は、乾燥が原因でキメが乱れると、皮膚の表面の溝の隙間(毛穴のある場所)が見えやすくなり、毛穴が目立つから。

また、皮脂分泌が減少する冬には、水分が蒸発しやすくなり、古くなった角質が自然に剥がれ落ちずに皮膚表面に残ってしまうことで、古い角質が毛穴落ちして「黒ずみ毛穴」になるケースが考えられます。

さらに、水分が足りない乾燥状態になると、肌は保護作用で過剰に皮脂を分泌するため、「開き毛穴」になってしまいます。冬より夏のほうが毛穴は目立ちやすいと思われがちですが、冬でも油断は禁物なのですね。

毛穴に悩む女性

冬の毛穴ケアは、とにかく"保湿"が最重要!

まず、どのタイプの毛穴の目立ちにも、油分と水分のバランスを取ることが重要です。油分と水分のバランスが取れた状態になると、肌もふっくらとしますので、毛穴も目立ちにくくなります。

ここでは、米肌のアイテムを使った、効果的な重ねづけケアの方法をご紹介します。

クリームで保湿する女性

1.「肌潤化粧水」を、コットン(もしくは手)でパッティングしながら肌になじませます。
2.1分程待って化粧水が浸透したら、乾燥の気になるところや毛穴の開きが気になるところに、手で重ねづけします。

3.この後は、「肌潤クリーム」でフタをしてください。日頃から皮脂の分泌が多いと感じている方は、量を少なめにしたり、軽いテクスチュアの「肌潤ジェルクリーム」などに入れ替えるとよいでしょう。乾燥しやすい方は、もちろんクリームの量も多めにしてください。

もうひとつぜひおすすめしたいのが、「肌潤改善エッセンス」です。こちらは肌の水分保持能を改善できる有効成分「ライスパワーNo.11」が高濃度※に配合されたエッセンスです。水分を蒸発させずに、肌の内部にキープするチカラがアップするので、潤う力が格段に上がり、肌が安定しますよ。

乾燥による過剰な皮脂分泌をおさえ、また水分不足による古い角質の毛穴落ちを防ぐために、充分な水分を肌に補給して、その水分を蒸発させないように、クリームなどでフタをする基本のお手入れが大切です。

※シリーズ比

肌が潤っていれば、冬でもベースメイクは崩れない!

乾燥している肌ではメイクがキレイにのらないことから、「毛穴が目立つ」という結果を招きがちです。そのため、朝、メイク前に行うスキンケアで、"いかに潤いを与えて、肌の内部に閉じ込めておくか"がポイントになります。

化粧水のあと、クリーム(もしくは乳液)をきちんとつけて、与えた水分が蒸発しづらい肌状態に整えて、ハンドプレスをすると良いですね。しなやかな肌は、ごわつきがないので、ベースメイクもキレイに仕上がります。長時間崩れ知らずの美肌で過ごすには、油分と水分をバランス良く与えて、肌のキメを整えることが大切です。

いかがでしたか?

毛穴悩みを一挙解決!プロが教える"3タイプ別の毛穴ケア"とは?」の記事も合わせて見直しつつ、保湿を重視した冬ならではの毛穴対策を心がけてくださいね!
Text:Yuki Ishihara