Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

キレイな人は使っている!? 健やかな潤い肌を作る「発酵コスメ」の選び方

2016.05.10

「なんとなく肌にいい」というイメージがある発酵コスメ。 大手化粧品メーカーで長年商品開発に携わったビューティサイエンティストの岡部美代治さんに、発酵コスメの特徴や選び方について教わります。
*第1回目は「誕生したのは『微生物ハンター』のおかげ!? 自然の力とテクノロジーが融合した『発酵コスメ』

 

 

発酵コスメの種類は「米」「フルーツ」「お酒」など様々

まず、発酵コスメというと、米を使ったものが有名ですよね。maicoが行った「発酵コスメ」のアンケート*でも、米を原料にしたコスメがあることを知っている人は全体の64%にのぼりました。

しかし実は米のほかにも、発酵コスメには色々な種類があるんです! はじめに、発酵コスメの主な原料と特徴をご紹介しましょう。

 

 

【米】
日本は米との付き合いが長いため、米の発酵物の種類が多い。具体的には、次のような種類がある。
・ライスパワーNo.11/米に麹菌や酵母・乳酸菌などを組み合わせて3カ月かけて発酵・熟成。セラミドを作りだし、肌が自らうるおう力を高める。分子が小さいため、角層の奥まで届きやすい。
・米胚芽油/ビタミンEを含んでおり、血行促進、保湿効果が高い。
・米発酵エキス/アミノ酸が豊富。保湿力が高い。

【大豆】
アミノ酸や多糖類、ビタミン類が豊富で保湿効果が高い。老化の原因物質の生成を抑制する効果もある。

【乳酸菌】
ピーリング効果や保湿効果が期待できる。

【果物】
ビタミンの宝庫で、ビタミンD、A、Cなどを多く含んでいる。ポリフェノールも含んでいるため、アンチエイジングや美白効果も期待できる。

【シャンパン】
ポリフェノールが豊富でアンチエイジング効果が高い。

 

 

 

発酵コスメは「保湿効果」が高い

発酵コスメは、原料によって様々な効果があることが分かりました。特にどんな人にオススメなのか、岡部さんにお聞きしました。

「発酵コスメ全体の特徴として確実に言えるのは、保湿効果が高いということです。 保湿は美肌を育む基本なので、なんとなく肌の調子が悪いとか慢性的な悩みがある方には発酵コスメは最適です。 それに加えて、最初に挙げた『発酵コスメの原料と特徴』を参考にしていただくと、自分の肌にぴったりのコスメに出合えるかもしれません。 ただ、付け加えておくと、実は成分名が同じでも同じ効果だとは言い切れないケースもあります。 たとえば成分表示表に『米発酵エキス』と書いてあるA化粧品と、B化粧品があったとします。どちらも同じ『米発酵エキス』だから効果は同じだと思いますよね。 でも、メーカーが用いている米や酵母が異なると、当然できあがるモノも異なります。 そのため、言葉としては全く同じ『米発酵エキス』でも、A社のものは特に保湿効果が高かったり、B社のものには抗酸化効果もあったりするケースがあります」。

自分に合う発酵コスメの選び方

同じ成分名なのに、効果が異なるかもしれないというのは驚きです。でもそうすると、どのブランドを選べばいいか迷ってしまいます。

「ベースとなる効果は同じなので、それほど神経質になる必要はありません。ブランドを選ぶうえで最も大切なのは、メーカーへの信頼度だと思います。 なぜなら、発酵コスメを作るには、高い技術力が求められるからです。発酵させて、肌にいいものを抽出して、安全な品質を確保するというのは、管理が徹底していないとできません。 ですから、すでに多くのファンを獲得しているメーカーや、じわじわ人気が出てきているようなブランドがオススメですね」。

 

 

手作りコスメは危険がいっぱい!?

発酵コスメは、保湿力が高く肌の底力を上げてくれるので、キレイな人の間でも人気が高いですよね。でも、「発酵=肌にイイ」とは限らないと、岡部さんは警鐘を鳴らします。

「たとえばヨーグルト。ヨーグルト自体は腸内環境を整えますし、非常に身体にいい発酵物です。でも、肌に塗布するとなると話は別。皮膚科医は絶対にヨーグルトパックを勧めません。原料そのものには、直接肌に付けると刺激のある成分も含まれている可能性があるからです。微生物がまぎれこむ可能性がありますし、腐ったり変質したりすることもあるでしょう。腐敗と発酵は紙一重なので、メーカーのように徹底して品質を管理しないと、肌トラブルを招きかねません」。

保湿力抜群の発酵コスメは、美肌を目指す女性にとってお守り的存在です。でも、微生物の力を借りる天然コスメだからこそ、きちんと品質を管理する必要があります。安易に手作りをしたり、値段に惹かれて飛びついたりせず、まずは信頼できるメーカーのコスメを使いたいですね。

*maico調査 N=221

<取材協力>岡部美代治さん
ビューティサイエンティスト。山口大学理学部学科生物学卒業後、㈱コーセー研究所を経て㈱アルビオンにて商品開発、マーケティング等を担当。数多くのヒット商品を生みだす。2008年に独立し、商品開発アドバイス、美容教育アドバイスなどを行っている。美容に関する著書も多数。