Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

露出が増えても大丈夫!しっとり白肌を作る夏前にケアしたい、ひじ&ひざの黒ずみ

2016.06.03

夏目前!薄着の季節がやってきました。これまでストッキングやデニムで隠していたひざ、長袖で見えなかったひじが、あらわになってしまいます。毎日のように鏡で見ている顔は、たるみやシミなどにすぐ気づきやすいものですが、ひじやひざは露出するようになってから初めて「マズイ......」と焦ってしまいがち。

意外と見られているひじやひざの黒ずみ。黒ずんでいると、清潔感がなく見えてしまうなど、ネガティブイメージを持たれてしまいかねません。ひじ・ひざの黒ずみとサヨナラして、しっとり白肌にするためのケアポイントをお教えします。

 

 

ひじ・ひざが黒ずむのはなぜ?

ひじ・ひざが黒ずんでしまうのには、理由があります。あなたにはこんなクセや習慣はありませんか?

・ひじをつく
・ほおづえをつく
・ひざ立ちになる
・正座をする

このとき、ひじやひじには体重がかかり、圧力がかかってしまいます。圧力から守ろうと角層が厚くなってしまい、黒ずんでゴワゴワした質感になってしまうのです。

また、ひじやひざは皮脂が少ないパーツ。皮脂というとネガティブなイメージがあるかもしれませんが、肌を保護する役割があります。皮脂が少なくなることで、ダメージを受けやすくなってしまい、黒ずみができてしまうので、保湿をすることが大切です。

 

 

ゴワゴワ肌はスクラブで撃退

ひじやひじの黒ずみは放っておくと、色素沈着を起こしかねません。しかし、肌に古い角質が溜まっていると、せっかくの保湿成分が浸透しにくいので、取り除く必要があります。

ソルトスクラブは、スクラブ効果が高く、引き締め効果もありますが、傷口にしみたり、スクラブ効果が高すぎて必要以上に角質を削ってしまうことも......。そこでおすすめしたいのが、肌への負担が少ないシュガースクラブ。肌のうえでこすりながら馴染ませると、水分と体温で溶けて、肌を保湿します。

スクラブ自体に保湿効果やエモリエント効果があるものなら、角質ケアと一緒にしっとりすべすべ肌に導いてくれるので、面倒くさがりやさんも手軽にケアができるでしょう。

ゴワゴワ肌が気になるからといって、毎日のように使うのは角質を削りすぎて乾燥の原因になってしまうのでNG。1〜2週に1度が目安です。ゆっくりお風呂に入れる休日の、スペシャルケア的位置づけにするといいかもしれませんね。

保湿は小まめに!

ひじ・ひざは角層が分厚いので、保湿をしっかりと行う必要があります。化粧水や乳液も悪くはないのですが、すぐに乾燥したり、浸透力が不十分なこともあるので、できれば保湿効果が長く、浸透力の高いものを選ぶと良いでしょう。

手軽なのがハンドクリームです。ハンドクリームを塗るのと一緒のタイミングで、ひじやひざにも一塗り。ハンドクリームは浸透力が高く、落ちにくい処方になっているものが多いので保湿コートしてくれる効果も期待できます。

米肌の活潤ハンドクリームなら、保湿効果だけでなく、「明るさアップ成分」配合なので、くすんだ肌に透明感を与えてくれて、見た目にも美しくなるのでお勧めです。

ひじやひざは年齢が出やすいパーツ。毎日のケアとスペシャルケアで、すべすべで若々しい肌を目指しましょう!

 

 

Text:Ai Aizawa