Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

もう大人ニキビで悩まない!皮膚科医が教える大人ニキビの原因&対処法

2017.03.07
ニキビを気にする女性

 

 

大人ニキビができる肌は、水分量が低くてバリア機能が乱れている

「ここ10年は、大人ニキビで来院される方が一定数を占めています。特に20~30代の間で、大人ニキビが蔓延していると言えるかもしれません」と、銀座ケイスキンクリニック院長・慶田朋子先生は言います。そもそも大人ニキビは、なぜできてしまうのでしょうか?

「ストレス、食習慣の乱れ、角層の乾燥、過剰なスキンケアなどによって毛穴が詰まって、コメド(毛穴に詰まった皮脂や角質のかたまり)となり、アクネ菌が増え炎症が生じると大人ニキビになります。思春期(11~18歳)にできるニキビと比べ、大人ニキビがでている方では、角層の水分量が低く、バリア機能が正しく働いていないケースが多く見られます。ターンオーバーが正常に行われないため、角栓が詰まりやすくなってしまうんですね」(慶田先生)。

ストレスや食生活など、要因が複雑なため、治療も一筋縄ではいかないそう。

「ストレスや食事などはご自身で改善しなければならない要素なので、医師が施す治療だけではなかなか完治しません。大人ニキビの治療で当クリニックを訪れる方は、20~30代の方が多いのですが、私生活がちょうど大変な時期でもありますよね。就職活動を始めて社会人になったり、結婚したり、働く女性としての責任も増えてくるうえ、出産すればなれない育児をしながらワーキングマザーとして忙しく過ごしていたり。ですから、まず患者さんには、5つの基本的生活習慣『食事・睡眠・排泄習慣・運動習慣・ストレスコントロール』を見直すことの重要性をご説明しています」(慶田先生)。

排泄習慣というのは腸内環境を改善すること。美しい肌を育むために、とても大切なんだとか。

 

 

腐敗した野菜

「便秘による血中腐敗産物が血液中で増えることも、肌にとって悪影響になることが分かっています。どういうことかと言うと、通常、食べた物のうち、不要なものは便として排出されますよね。しかし排出が滞ると、腸内で腐敗が進行します。体温は36℃くらいなので、炎天下に生ごみを放置しているようなものですね。その"生ごみ"のような成分が血液にのって、肌はもちろん全身に運ばれてしまうのです」(慶田先生)。

 

 

できてしまった大人ニキビ、どうすればいい?

大人ニキビには、どのような治療が行われるのでしょうか。

「先程申し上げた5つの基本的生活習慣をご指導するとともに、月1回程度のケミカルピーリングとフォトフェイシャルM22(ニキビ菌を殺菌するとともに、炎症時の赤みを改善する光治療)を照射するケースが多いです。大人ニキビは、様々な要因が複数重なり、毛穴の入り口が詰まることで生じます。ターンオーバーを正常化するために、適切な頻度でのケミカルピーリングは有効です。2週間ごとに3回の施術で角層の水分量が高まることが報告されています」(慶田先生)。

大人ニキビができてしまったとき、毎日のスキンケアやメイクで大切なのは「こすらないこと」だそう。

 

 

スキンケアしている女性

「洗顔・保湿をする際は、大人ニキビをこすらない・つぶさないことが大切。メイクをする際も、実はパウダーで毛穴をふさぐことよりも、こする刺激の方が毛穴の詰まりを誘発します。ですから、ファンデーションは、肌あたりが良い清潔なパフでやさしく塗布しましょう。パフをスライドさせるのではなく、スタンプ式で密着させる方が肌への刺激を抑えることができます。ブラシは使わないほうが無難です。チークブラシを使う場合は、上質なものをふんわり当てるようにしてください」(慶田先生)。

 

 

大人ニキビの予防には「洗浄・保湿・紫外線対策」が大事

大人ニキビを予防するにはどうすればいいのでしょう。

「繰り返しになりますが、5つの基本的生活習慣を心掛けていただくこと。そしてスキンケアの基本3本柱『洗浄・保湿・紫外線対策』をしっかり行っていただくが予防につながります。洗浄は、洗浄力の強すぎないものをよく泡立て、やさしく泡で包み込むように行ってください。泡立てることで、界面活性剤の量が少なくても充分洗浄力が高まります。保湿は、ヒアルロン酸やセラミド、多糖類、アミノ酸など水分を抱える作用のある成分を含んだものを使ってください。肌が自分の力でうるおうようにターンオーバーを整えることが大切ですよ」(慶田先生)。

 

 

肌潤石鹸
洗顔料は、たっぷり泡立てて、やさしく肌を包み込むように行います。毛穴の奥の汚れや古い角層もすっきり落とせます。
肌潤石鹸
クリーミィで豊かな泡立ちの洗顔石鹸。ライスパワーNo.11や大豆発酵エキスなど、たっぷりの保湿成分配合で、透明感のある柔らかい肌へ整えます。
肌潤石鹸 80g 3,500円(税抜)

 

 

肌潤化粧水
保湿は、ヒアルロン酸やセラミド、多糖類、アミノ酸など水分を抱える作用のある成分が入っているものが望ましい。
肌潤化粧水
肌が水分を抱え込む力を高める保湿化粧水。数十種類のアミノ酸、豊富なペプチド・糖類を含有するライスパワーNo.11をはじめ、肌の天然保湿因子NMFの主要構成成分でもある乳酸Naなどをたっぷり配合。
肌潤化粧水 120ml 5,000円(税抜)

 

 

<取材協力>慶田朋子先生

銀座ケイスキンクリニック院長。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。新しいレーザー機器や治療方法は自らの肌で試し、本当に良いものだけをクリニックに取り入れている。テレビや雑誌など、多方面で活躍中。
近著に『365日のスキンケア』(池田書店)