Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

何歳でも遅くない! おっぱい番長・朝井麗華さん直伝、1回5分で美乳になれる「乳トレ」

2017.03.10

経絡整体師であり、今や"おっぱい番長"として、メディアなどでもよく知られている、朝井麗華さん。

もともと朝井さんのサロンの施術は、「フェイシャル」と「ボディ」の2つが基本でした。ご自身でも、「肩こりを解消したい」という健康のための理由から、ボディケアを続けているうちに、バストにも大きな変化が生まれました。そして、なんと30歳を超えてから、ご自身のバストをC→Eカップと2サイズ上げて、美乳をキープしているのだとか!

また、サロンのお客様からも、「バストサイズが大きくなった」「バストの位置が上がった」などの意見を多く聞くようになったのです。

そこで今回は、独自の理論やテクニックから、美しいバストを育むセルフケアの方法を、朝井麗華さんにうかがいました。

 

 

バストの大きさや形は遺伝!?

「結局、バストって遺伝でしょ」という声を多く聞きます。確かに親子は体型が似てきますが、それは遺伝的な要因だけではありません。一緒に暮らしていると同じ食事を摂ったり、姿勢や体の使い方まで無意識のうちに学ぶので、体型が似てきてしまうのです。

しかし、現状のバストに諦めてはいけません。バストの悩みの原因は、遺伝のせいだけではなく、"大胸筋の硬さ"にあることが多いのです。本来の筋肉の柔らかさを取り戻せば、1~2カップのバストアップも夢ではありません。

さらに、実は、肩や胸、背中の凝りによって、バストの左右のバランスが悪くなる、垂れる、離れてしまうなどが十分にあり得るのですが、美バストになることを諦める必要はありません。

 

 

バストの形や大きさの悩みと、共通点とは?

「小さい」「垂れている」「離れている」「大きすぎる」......。バストの悩みは、人によってさまざまです。

でも、主なお悩みには、"大胸筋、肩甲骨周り、広背筋の硬さ"が関係しています。 この部分がガチガチに凝っていることで、本来の美しさが硬い筋肉に埋もれてしまい、悩みを引き起こしています。

例えば、胸が離れているのは、筋肉が凝り固まることによって肋骨が開いていてしまうことで起こり、胸が垂れているのは大胸筋の縮こまりによって胸が下へと引っ張られていることで起こります。ですから、筋肉のこわばりを解いてあげるだけで、1~2カップのバストアップも夢ではないのです。

 

 

美しいバストの3大条件は、肩甲骨、大胸筋、肋骨にあり!

美しいバストには、必ず黄金律とでも言うべき、ベストバランスがあります。 私がとくにおすすめしたいのは、「筋肉の緊張を解き放ち、バストを本来の位置に戻し、あるべきふっくら感を復活させる」というもの。そのためのポイントは、3つあります。

 

 

1、肩甲骨

肩甲骨

肩甲骨の可動域が狭くなると、肺や心臓を守っている肋骨である胸郭の上側の動きもブロックされて、呼吸が浅くなります。肩が前に落ちて固まっているため、体の幅が大きく見えますし、バストを引き上げる力もなくなります。肩に繋がる筋肉が硬くなることで、バストへ酸素や栄養も行き届かなくなってしまいます。

 

 

2、大胸筋

大胸筋

大胸筋はバストの土台とも言える筋肉なので、硬く縮んでいると、垂れたり、バスト全体の位置が下がってしまいます。それに、縮こまった大胸筋に引っ張られるので、肩が落ちてしまったり、肩甲骨が前に引っ張られて動きが悪くなることがあります。

3、肋骨

 

 

肋骨

正確には、肋間筋(ろっかんきん)という肋骨と肋骨の間の筋肉。この部分が硬い方がとても多いんです! 硬いままでは、深い呼吸をすることができません。肋間筋が固まっていると胸郭が広がったままになるので、バストは外側へと広がって扁平になります。また、呼吸が浅いとメンタルや免疫系も弱くなり、心身の健康も保ちづらくなってしまいます。

 

 

1回5分で美胸に! 今日からできる、3つの「乳トレ」

では、そんなバスとの悩みを改善するためには、どうすればよいでしょうか?
ここでは、バストの緊張を解き放つ「乳トレ」の具体的な方法をお伝えします。
3ステップを続けていくことで、美しいバストが育ちます。(※すべて、オイルやクリームをつけて滑りをよくして、裸で行ってください。)

 

 

1、大胸筋を育てる「バストくるくる」

①右手の指をそろえて、右のバストの下側からしっかり支える。
②左手の4本の指(親指以外)で、バスト上部(鎖骨下からバストトップまでの範囲)を内から外へ円を描きながら最後はわきの下に流す、30秒間マッサージする。イタ気持ちいい圧で大胸筋をしっかりほぐして。
③左手を左のバストの下側に添え、同様に30秒間マッサージする。

※左右どちらから行ってもOK

大胸筋を育てる「バストくるくる」

 

 

2、ふっくらした質感を生む「肋骨ほぐし」

①右の指をそろえて、左側の脇の肉をバストトップに向かって集める
②左手をじゃんけんの「グー」の形に握り、第二関節の骨でバストの外側からバストトップにむかって引き上げるようにマッサージする。肋間筋をしっかりほぐすように。
③支えていた手がバストトップまできたらはずして、もう一度、脇からバストへとマッサージする。脇からアンダーバストまでを3ラインに分けて、1ライン10回全部で30回ずつ行う。反対側も同様に。

※やや斜め上方向へ、バストトップへ肉を集めるイメージ!

ふっくらした質感を生む「肋骨ほぐし」

 

 

3、谷間をつくる「グーパー推拿(すいな)」

①両手をじゃんけんの「グー」に握って右手を右わき下に、左手を左わき下に添える。
②第二関節の骨で、脇側から体の中央へと圧をかけながら、①脇下、②バスト上部、③バスト下部の順に、3か所を各10回ずつほぐす。
③正しい位置を覚えさせるように、大きく手を開いて体側からバストの土台を支え、内側に寄せて30秒キープする。その後じんわり離す。

寝る前に行うと、睡眠中の呼吸を深くしてくれる効果もあります。睡眠の質も上がり、疲労の回復が上がったり、肌も美しくなるなど、良いことづくめです。

谷間をつくる「グーパー推拿(すいな)」

 

 

すきま時間の美バスト刺激!

バストに触れる時間は、長ければ長いほど、結果も早くでるもの。そこで、手軽にできるバストケアを1つご紹介します。

胸も気持ちも上がる! 「親指ブスブス」

鎖骨下からアンダーバストまでランダムにプッシュ。片手でもできるのでいつでもどこでもOK!

※大胸筋を深部からゆるめるのが目的なので、骨の間にぐっと垂直に差し込むようにしてください。一押し3秒キープ。左右30回が目安ですが、気づいたときに頻繁に行うことが大切です。バストより下は詰まっている人がほとんどですが、多少痛いくらいが効果的。

胸も気持ちも上がる! 親指ブスブス

 

 

年齢を重ねたほうが、バストマッサージの効果を実感しやすい!

何歳になろうが、バストをより美しく整えることは可能です。実は、30代や40代は、バストの形をつくる絶好の機会です! というのも、乳腺が発達していて硬めの20代のバストより、脂肪部分が増えた30代以降のほうが、バストが柔らかくて動きやすいからです。

年齢を重ねたほうが、マッサージやエクササイズを取り入れたときの成果を感じやすいので、美しいバスト=努力次第で作れると言ってよいでしょう。

「乳トレ」で、毎日バストに触れるというのは、立派な健康管理です。乳がんの早期発見はもちろん、大胸筋や肩甲骨周りの筋肉の癒着がとれてくれば、いつしか凝りにくい身体に近づき、形やサイズの変化がどんどん現れてきます。みなさんも、「乳トレ」で、バストを育てていきましょう!

 

 

<取材協力> 朝井麗華(あさい・れいか)さん

経絡整体師・美容家、東京・恵比寿にてプライベートサロン「氣Reika」主宰。臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿療法の素晴らしさに目覚める。なかでもバストを中心とした施術の的確さから「おっぱい番長」と称され、日本一予約の取れない整体師として話題に。現在は施術の他、TV・ラジオ・雑誌・講演など国内外のメディア等で活躍中。著書に『水毒を溜めない人は美しい』(大和書房2015)『おっぱい番長朝井式 筋膜ゆるめ』(KADOKAWA2015)など多数。

 

公式サイト:http://ki-reika.com/

Text:Yuki Ishihara
Illustration:Yuko Sekine