Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

ほうれい線に効く!顔老け防止に、カンタン「舌まわしエクササイズ」

2017.03.17
舌まわしエクササイズ

年齢とともに深くなるシワやほうれい線。「その原因は、筋力の低下にあります!」と言うのは、口元から若々しくなる顔エクササイズを発信している歯科医の宝田恭子先生。先生は、日本アンチエイジング歯科学会幹事も務める美のカリスマ。今回は、そんな宝田先生に、NHK『あさイチ』でも話題を集めた、顔老け防止の舌回しエクササイズを教えていただきます。

舌を動かすことで「3つの表情筋」を鍛える!

ひざの上に置いた鏡をのぞきこんだ顔が、10年後の自分......という話を聞いたことはありませんか? 人は重力の影響を受けているため、顔の皮膚は常に下へ下へと引っ張られています。これは、頬骨の下の筋肉は骨の裏打ちがないので下と内側へと顔の皮膚がたるむからです。その結果としてほうれい線が濃くなります。でも、実は重力に抗い、顔老けを防ぐ方法があるんです。それは、顔の筋肉をベストな位置に戻すことなんです!

「顔には50種類もの筋肉がありますが、顔老けに大きく関係するのが、口輪筋(こうりんきん)、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)、広頸筋(こうけいきん)です。この3つの表情筋を意識することで、ほうれい線を薄くすることは充分可能です! 特に広頸筋は、口元からあご、首、肩、胸の上まで広がっている表情筋で、ピンと張っている意識が大切です」(宝田先生)。

表情筋

[口輪筋]
口の周りをぐるっと囲むように走っている筋肉。この筋肉が衰えると口が半開きになりやすくなり、口呼吸しやすくなる。

[胸鎖乳突筋]
耳の下から首の前側を伝い、鎖骨中央まで伸びている筋肉。首をひねったときに鎖骨から耳の下に浮き出る筋肉がこれ。広頸筋を深い場所から支えている。

[広頸筋]
口元から胸の上まで伸びる幅の広い筋肉。皮膚についているので、衰えると肌の重みを支えられずにほうれい線が濃くなったり、フェイスラインがたるんだりする。


そんな3つの表情筋を鍛えるのに有効なのが、舌まわしエクササイズなんだそう。
「ただし、効果を発揮させるためには正しい姿勢が欠かせません。なぜなら、広頸筋は首、肩、胸の上まで伸びているので、猫背になるとたるんでしまい、効果を得にくくなるからです」(宝田先生)。


下のイラストを参考に、正しい姿勢をチェックして、さっそく舌まわしエクササイズにトライしましょう!

舌まわしエクササイズ

朝・晩2回の「舌まわしエクササイズ」で、ほうれい線をなかったことに!

舌まわしエクササイズ

1:姿勢を正して、舌の先端を上唇と歯ぐきの間に入れる。

舌まわしエクササイズ

2:舌をゆっくり右へ動かす。右頬のほうれい線を内側から伸ばすように、舌先でぐっと押し上げる。

舌まわしエクササイズ

3:舌を下唇と歯ぐきの間に動かす。

舌まわしエクササイズ

4:舌を左へ動かす。左頬のほうれい線に内側からアイロンをかけるイメージで溝を伸ばして!

舌まわしエクササイズ

5:舌を上唇と歯ぐきの間へ動かす。

舌まわしエクササイズ

6:1~5を3周繰り返し、反対回りも同様に3周行う。最後に指先を耳の下に当て、首の前側に向かってやさしくさすり、リンパの流れを促せば完了。

いかがでしたか? 意外と顔が疲れて、びっくりした方も多いのでは?

「顔が疲れるということは、ふだん、表情筋を使っていない証拠。表情筋は体の筋肉同様、鍛えなければ衰えるいっぽうです。でも、筋肉は裏切りません! いくつになっても効果を得られるのが、舌まわしエクササイズのいいところ。すでにほうれい線が気になっている人も毎日の習慣にすることで、必ず若さを取り戻せますよ。そして、エクササイズをしてない時でも正しい姿勢がとれるよう、普段から心がけておくことも大事です」(宝田先生)。

顔老けを防止するカギは、肌のハリ感にもあり!

米肌

舌まわしエクササイズと合わせて行いたいのが、肌のハリ感を高めること。舌まわしエクササイズでほうれい線や顔のたるみをケアしつつ、ぷるんと弾む肌を目指せば、見た目年齢マイナス5才は間違いなし!
肌のハリ感を高めるために欠かせないのが、たっぷりうるおいを与えること。乾燥によってしぼんだキメが、一つひとつふっくらうるおうことで、ピンと上向きの印象に。セラミドを生み出し、肌が自らうるおう力を高める「ライスパワーNo.11」配合の米肌 で、うるおいに満ちた、ぷるんと弾む肌を手に入れましょう。

<取材協力> 宝田恭子先生

1956年生まれ。宝田歯科院長。口元の筋肉を中心に表情筋を鍛える独自の顔エクササイズを考案。テレビや講演、雑誌など多方面で活躍中。『宝田式エクササイズで顔老けSTOP!ほうれい線は消せる!』 (主婦の友社)など著書多数。

Illustration:Yuko Sekine