Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

美容家 深澤亜希さんがアドバイス! 大人女子が続けたい美容習慣とは

2017.05.05
今では、世の中に美容情報があふれ、誰もが多くの新しい情報にアクセスしやすくなっています。しかし、最新情報をキャッチできても自分に合わないものを取り入れて逆効果になったり、自分の理想と違った方向に進んでしまったり......。情報に振り回されて、効果的なケアができていない方も多いのではないでしょうか?

そこで、美容家・ビューティスキンスペシャリストとして多くのメディアやセミナーで自身の美容法を伝え、自身もむき卵のような美白肌をキープしている深澤亜希さんに、自分だけのキレイを見つける方法とこれから続けたい美容習慣について、アドバイスをいただきました。

美の知識があっても、望む結果を出せていないのはなぜ?

「maico」の読者の方(302名)に行ったアンケート(自由回答)をもとにした記事「maico読者・302人に聞きました! 『私が大事にしている美容法』とは」 を拝読してまず感じたことは、みなさん美容について、すでに多くのことを知り実践されているということです。

普段から続けていることが、「白湯を飲む」「ストレッチをする」......など、無理なく続けやすそうなものが多かった点はとても望ましいことだと思います。しかし同時に、そういった自分なりの美容法を続けていてもさらなる方法を探し続けているということは、満足のいく結果を出せていないということですよね。

私のセミナーにいらしていただく方も、色々な情報を積極的に集め知識があるにも関わらず、実践の方法が間違っていたり何かが足りないと感じている方が多くいらっしゃいます。

例えば、スキンケアひとつとってみても、"保湿が大事"とは有名なことで、すでに多くの方が実践されています。でも、現状に心から満足している方は、一握り。みなさん知識はあるのに満足できていないということは、自分に合った化粧品の選び方や使い方、タイミングに問題があることも。

 

 

美のアップデートには、モチベーションよりも"習慣化"が大事!

美容家としてつねに感じているのは、美容は続けないと意味をなさないということです。そして、続けるためのポイントは、"習慣化する"ことに尽きると実感しています。

人間は、30代ごろから日々の行動は最大で8割が習慣に基づいたものであると言われています。そして、その日々の習慣の結果が、良くも悪くも肌や体型に如実に現れていきます。

習慣にするには"行動の継続"が必要で、行動をするためにはまず"思考"が必要です。私たちは、ひとりひとり習慣やクセがあるように、思考にもクセがあり、人は急激な変化を嫌うという習性があると言われています。だからこそまずは、ごく小さな変化を続けていくことがとても大切です。

肌も身体も、温めて代謝を上げることから、キレイに近づく!

時代はどんどん変化していきますが、時代がいくら変わっても私たちの身体の仕組みが変わるわけではないですよね。そこで、やはり美容にとって大切なことは、睡眠、食事、スキンケアに気を配るという基本です。

なかでも、代謝を上げることと身体を温めることは、心に留めておいていただきたいことです。

みなさんあまり気にされていないかもしれませんが、肌が温かい状態でスキンケアをすると、冷たい状態でケアをするよりも効果が高まります。ぬるま湯で洗顔したり、お風呂の後、すぐにスキンケアをすることもそれにあたりますね。

私のスキンケアは、とてもシンプルです。基本的には、下記3ステップです。

①クレンジングと洗顔を一度で行える2in1アイテムで汚れを落とす
②美容液をつける
③クリームをつける

肌の状態に合わせてゴマージュやマスクなどスペシャルケアを使用することもあります。

突飛なことをする必要はありません。複雑なケアを時々入れ込むよりも、シンプルなことを続けることのほうが何倍も大切だと、自信を持ってお伝えします。

 

 

美習慣を続けやすくするための、"レコーディング"の効果

では、良い習慣を続けるためには、どんなことを行うのが望ましいでしょうか?

その答えは、"日々の自分の習慣をレコーディング=記録をすること"です。書き出すことは自分との対話となり、自分の感情や行動を記録することで自分のなりたいイメージも明確になります。行動のセルフモニタリングは、美しくなるためにとても大切です。

記録をすることで、自分の肌の状態や身体が欲しているものが分かってくるので、自分に合う化粧品、自分の身体に合った食生活などが自然とわかってくるでしょう。

美肌になるタイミングは、「シ・ミ・ケ・ア」!

さらに私が、スキンケアをする時に美肌をつくるためのキーワードとして大切にしているのが、この言葉です。

シ...湿っている
ミ...密閉されている
ケ...血行が良くなっている
ア...温まっている


これらの状況をすべて満たしているのが、お風呂上がりです。この肌の状態の時に、化粧品の美容成分の吸収力が最も高くなると言われています。お風呂上がりのスキンケアが重要と言われている理由に納得できますよね。

また、ケアのときに気をつけていただきたいのが、適正量を使うこと。使用量が少ないためにケアに満足できない場合があるので、注意してくださいね。

ボディラインのキープと睡眠には、深い関係がある

理想的なボディラインを保つためには、睡眠がとても重要です。

「寝ないと太る」とよく言われるのは、寝ないことで翌日に食欲が増してしまうから。眠りについては昔から様々な意見があり、過去にはシンデレラタイム(夜10時~深夜2時)の睡眠が重要とされていましたが、最近では時間帯よりも眠り方が大事だと言われるようになり私もその考え方に賛成です。

具体的には、眠り始めの3時間、最も成長ホルモンが分泌される時間帯に熟睡することが美しさの鍵となります。そのために、食事やお風呂、空間の照明環境に気を配るといいでしょう。

私の場合は、会食のない日には夜8時以降は食事を控え、ベッドに入る2時間前にはお風呂に入り、夜の寝室は間接照明の柔らかい光にしています。また時間帯はそれほど気にしなくてよいとは言っても朝日とともに目覚めることが望ましいので、12時前には入眠できるように心がけていますね。

 

 

自分説明書を作ると、自分の望むキレイを手に入れられる!

今まで色々とお話してきましたが、美しくなるためにはテクニックもありますが、それと同時にマインドがとても大事です。

私が日頃心がけているマインドは、「あいうえお」です。

あ...ありがとう
い...いつくしむ
う...うれしい
え...えがお
お...おおらか

もちろん、毎日うれしいこと、楽しいことばかりではないですが、五感が喜ぶことをしていると、「あいうえお」が満たされた心の状態を継続しやすくなります。

そこで、できるだけ自分の好きなものに囲まれた生活をするように意識したり、美しい芸術に触れたり、心地よい音楽を聴くようにして、ハッピーマインドを保ちやすいような工夫しています。

最近は、SNSで自分のことを表現できるようになりました。実は、このSNSは、自分を知るツールとして使えるのです。自分がどんな好みなのか、どんな生活を送っているのかは履歴を見れば一目瞭然です。自分の理想に近づく方法として使ってみるといいでしょう。

美容は、意識が全てと言っても良いくらいです! 美しくなるためにはトライ&エラーがつきものですが、そんな過程で、自分を知っていくことで必ず美しさをアップデートできます。ぜひ、自分を正しく知り美習慣を無理なく継続させて、自分らしい理想のキレイを手に入れてくださいね。

<取材協力>深澤亜希さん
大学卒業後、女性誌での美容ライター活動を経て、美容家に転身。現在は、書籍の執筆、女性誌やウェブサイト、TV、広告やトークイベントへの出演、商品開発のアドバイザーなど幅広く活躍。著書『白ツヤたまご肌のつくりかた シミのできない魔法の美肌ルール40』(三空出版)『人より輝く魔法』(宝島社)など。

 

https://www.instagram.com/aki_fukasawa/?hl=ja

 

 

Text:Yuki Ishihara
Photo:Mina Imai