Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

紫外線は唇にもダメージ大!唇の日やけをケアしてぷるんと弾むリップに

2017.06.30

夏の強力な紫外線は唇にもダメージを与えます。放っておくと、カサついたり縦ジワが目立ったり、老けた印象の唇に! そこで、UV対策やお手入れ法など、夏に気をつけたい唇のケア方法を紹介します。

 

 

唇は角層が薄く、とってもデリケート

「唇の皮膚は、肌よりも角層が薄く皮脂腺も少ないため、肌よりもバリア機能が弱いと言えます。また、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が約1カ月であるのに対し、唇はわずか3~4日です。そのため、お手入れの効果があらわれやすいパーツといえます」。

そう教えてくれたのは、米肌PRの高橋真理さん。唇が、実は肌よりもダメージを受けやすいパーツだったとは驚きです。たしかに唇はカサついたり、皮がむけたりすることがよくありますよね。肌の皮がむけたら大騒ぎですが、唇の場合は深く考えずに、皮がむけてしまうこともあるのではないでしょうか? 肌同様にデリケートなパーツをお手入れせずにそのままにしておくと、後々ダメージが大きくなってしまうかもしれません......!

唇は紫外線ダメージを受けやすく、シワやたるみが生じやすい

そして、高橋さんの口からさらに驚くべき事実が告げられます。

「唇はメラニンが非常に少ないため、真皮の繊維(コラーゲン・エラスチン)にダメージを与えがち。そのため、紫外線対策を怠ると、唇にシワやたるみが発生しやすくなります」(高橋さん)。

メラニンは紫外線の刺激をブロックする大切なものです。そのメラニンが少ないということは、唇の奥深くまで紫外線が到達してしまうということ。そのため、唇が日やけをすると、短期的な症状としてはカサカサしたり、皮がむけたり、ひび割れたりします。その際に何もケアせず紫外線ダメージが蓄積すると、将来的には唇の加齢が加速してしまうのです。

「唇のシワの量が増え、一つひとつのシワが深くなると、それを支えきれずに横ジワができはじめます。細かく浅かった横ジワはやがて深くなり、1本の深い線となって目立つようになります。そしてその横ジワが唇全体の厚みをなくし、しぼんだ薄い唇に......。さらに輪郭もぼやけてしまうため、ふっくらと弾力のあるはつらつとした印象がなくなり、年齢を感じさせる口もとになります」(高橋さん)。

 

 

深いシワが刻まれ、薄くしぼんだ唇は、老けた印象を与えますよね。口紅のノリも悪くなるので、メイクで若々しさを演出するのも難しくなるかもしれません。それは、なんとしても避けたいもの!

 

 

今すぐできる!夏の唇のお手入れ方法

デリケートなうえ、紫外線の影響を受けやすい唇を守るためには、日やけを防ぐのが一番。そのためには、肌の紫外線対策同様、日傘や帽子を利用したりUVカット効果のあるリップクリームを使ったりするのがおすすめです。UVカット効果がない口紅も、唇表面を覆うことによって多少はUVカット効果が期待できますよ。

もし、唇が日やけをしてカサカサになった場合は、保湿をすることが大事。
お手入れ効果を高める、リップクリームの塗り方をご紹介します。

①唇を「い」の形にして、保湿効果の高いリップクリームを唇全体に塗る
②唇の輪郭より1mmほど広い部分にも塗る

リップクリームを塗る時は、唇を「う」の形にしがちですが、そうするとシワの溝を塗り残してしまうことも。唇の縦ジワがよく伸びるように「い」の形にするのがベターです。また、オーバーリップ気味に塗るのは、"移行帯(いこうたい)"があるから。移行帯というのは、唇と肌の間にある境目のことで、ここが乾燥すると唇の輪郭があいまいになってしまいます。したがって、移行帯部分もしっかり保湿するのが、若々しいリップを育むためには大切です。

デリケートな唇に、たっぷりのうるおいを

唇の保湿に欠かせないリップクリームは、種類がたくさんあるためどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。選ぶべきポイントは、「皮脂量が少なくうるおいが奪われやすい唇を、きちんと保湿できるか?」「デリケートな唇を保護する、刺激の少ない成分が使われているか?」。この2つが特に大切ではないでしょうか。

米肌の『活潤リップエッセンス』 には、昔から床を磨く際に、ツヤ出しや保湿目的で使われていた「米ぬかロウ」が配合されています。うるおいによる保湿効果があるので、皮脂量が少なくうるおいが奪われやすい唇にはぴったり。また、血行不良の生薬やエイジングケア商品に配合されている、植物由来の「紅花油」や、敏感肌用のマッサージオイルとして多用されている「桃仁油」も配合。年齢サインが出やすいデリケートな唇に働きかけて、ぷるんと弾むような唇に導きます。

 

 

紫外線ダメージを受けやすい夏は、唇の加齢が進む過酷なシーズン。正しいお手入れをして、はつらつとした印象の唇を手に入れましょう。

参考資料『365日のスキンケア』(慶田朋子著/池田書店)


<参考記事>

トータルビューティーのレベルアップに「魅力的な唇」は欠かせない!

 

http://shop.maihada.jp/skincaresolution/item/lip/

 

 

<参考記事>

3つのポイントでうるうる唇に!活潤リップエッセンスが大人気な理由

 

http://shop.maihada.jp/skincaresolution/2017/0113/