Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

効果を実感できない大人の「鈍感肌」が目覚める角質ケア

2018.03.06

丁寧にスキンケアをしても、評判のコスメに替えても、果たして効果が出ているのか、よくわからないことってありますよね。そんな、ある意味、鈍感になってしまった大人の肌の感度を上げて美肌を育む方法を紹介します。

 

 

古い角質が溜まると、鈍感肌に拍車がかかる!

最近、「肌が変わった!」と思えるほど、スキンケアアイテムで効果を実感したことはありますか? 「合わない」はわかるけれど、「合う」の判断は、意外と難しいのではないでしょうか。なぜなら、市販されている化粧品は優秀なものが多いので、それなりに効果を発揮するからです。でも、それが自分にとってベストなのかというと、よくわからない。判断できるほど、肌が反応してくれないからです。つまり、肌が鈍感になっているのです。

下記に1つでも当てはまる人は、肌が鈍感になっている可能性が大!

 

 

<鈍感肌チェック>
□肌がどんより暗く、透明感がない
□なんとなく肌の調子が悪い
□お手入れしているのに、肌がうるおわない
□化粧水がなかなか浸透しないと感じる
□疲れていないのに「疲れてる?」とよく聞かれる
□なめらかさがなく、触れるとザラつきや硬さが気になる
□朝晩ちゃんと洗顔しているのに毛穴の黒ずみが目立つ

実は上記の項目は、古い角質が溜まっているかをチェックするもの。古い角質が溜まると肌が硬くなり、化粧水の浸透を妨げるため、スキンケアの効果が出にくい「鈍感肌」になってしまうのです。

さらに、角質が厚くなることで透明感がなくなったり、不要な角質が毛穴をふさぐことで毛穴が詰まりやすくなったりと、「鈍感肌」にはデメリットがいっぱい! 
そこで、古い角質を除去して、鈍感肌にサヨナラをする方法を美容のプロに教わります。

大人の鈍感肌に必要なのは、「大掃除」ではなく「毎日のお手入れ」

「たとえば、台所のシンクは時々クレンザーでごっそり汚れを落とすよりも、毎日やさしくスポンジで磨くほうがピカピカに保てますよね。大人の肌もそれと同じ。溜めこんでしまった古い角質を一度に取り除くのではなく、毎日のスキンケアで溜めこまないようにしていくことが大切です」と、コーセーの商品開発担当・下国良子さんは言います。

たしかに、普段のお掃除の大切さは、大掃除のときに毎回実感します......。でも、なぜ、それが大人の肌にも言えるのでしょうか。角質ケアにはピーリングやスクラブなど便利な手法がいろいろあるので、困ったときには頼りたいですよね。

「もちろん、全ての方にNGというわけではありません。しかし、ピーリングのような強い成分で古い角質を溶解させたり、スクラブで摩擦をしながら取り除いたりする手法は、場合によっては刺激や肌トラブルを招く恐れがあります。

大人の肌は、20代の肌とは異なり、一度肌トラブルを起こすとなかなか回復しにくく、場合によってはシミなどの色素沈着につながることも考えられます。そのため、毎日のお手入れで角質を溜め込まないように心掛け、スキンケアの効果を発揮しやすい状態にキープすることが、最終的にはエイジングケアにつながると考えています」(下国さん)。

 

 

肌に負担をかけずに、毎日角質ケアをするポイント

米肌 澄肌クリアエッセンス 120ml 4,000円(税抜)

大人の肌は、古い角質を溜めこまないように、毎日お手入れすることが大切なんですね。でも、毎日角質をケアするのは、かえって肌に負担がかかりそうな気もします。負担をかけずに角質をケアするポイントをコーセーの商品企画担当・塩島 瞳さんに伺います。

<毎日角質ケアをするポイント>
①うるおいを与えながら角質除去できるアイテムを選ぶ
②コットンで拭きとるときに、力を入れすぎない
③使い心地がいいアイテムを選ぶ

 

 

「強い力で古い角質をはがすのではなく、みずみずしいうるおいを与えながら角質ケアをできるアイテムのほうが、肌に負担感がかかりません。

また、うるおいを与えながらの角質ケアというと、『ふきとり化粧水』というアイテムもありますが、化粧水タイプの場合、コットンでふきとる際に、力加減によってはゴシゴシこすってしまう心配があります。摩擦は肌の負担に繋がりますのでジェル状の美容液など厚みのあるテクスチャーのほうが安心感がありますね。

そして、毎日継続するためには、使い心地の良さが欠かせません。スキンケアは継続することが第一ですので、みずみずしくて、気持ち良く使えるものを選びたいですよね」(塩島さん)。

毎日使える穏やかな処方でも、こんなに角質が取れる!

肌にやさしい角質ケアを毎日することで、スキンケアの感度が高まり、エイジングケアにつながるなら頑張りたいですよね。でも「毎日使えるくらい肌にやさしいなら、あまり効果がないのでは......」と勘繰りたくもなります。

「たしかに、ふきとった後にコットンが黒ずんでいれば、取れた実感がわきますが、ほとんど汚れていないと、よくわからないですよね。でも、一見汚れていないコットンでも、拡大して見るとすごく汚れているんですよ。米肌が行った実験があるのでお見せしますね」(塩島さん)。

米肌の「澄肌クリアエッセンス」を使い、ふきとった後のコットンの様子を検証。一見、汚れていないコットンの少し茶色くなった部分を特殊な方法で染色したところ、繊維にたくさん汚れが絡まっています。

『澄肌クリアエッセンス』はベースに厚みのあるジェル状のふきとり美容液なので、コットンと肌との間に適度なクッションを作ることができ、肌をこすりすぎる心配がありません。使用後のすっきり感と、やさしい感触にもこだわりました」(塩島さん)。

 

 

<おすすめの角質クリア商品>
くすみの原因となる古い角質を取り除く、ふきとり美容液。やわらかくなった古い角質を植物性角質クリア成分が肌から浮かせ、コットンで拭きとることですっきり除去。アミノ酸などを豊富に含む『米発酵液』や、角層細胞の保湿力をサポートする『乳酸Na』、ビタミン・ミネラルを豊富に含む『米ぬか酵素分解エキス』など、こだわりの保湿成分がたっぷり。

不要なものを溜めこまないという考え方は、お掃除もスキンケアも同じ。毎日の角質ケアで、効果を最大限享受できる肌に整え、今も未来も美しい肌を手に入れましょう。

 

 


<関連記事>
寝ている間に顔の皮脂が大増殖!?朝洗顔したほうがいい理由
くすみオフ=美肌の証! 透明感をグンと底上げできる"くすみケア"の極意