Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

新感覚! 「冷やし美容」で疲れもほてりもひんやりシャキッ!

2019.05.31

これから気温がどんどん上がり、口を開けば「暑い!」と言ってしまう夏がやってきます。汗はダラダラ、皮脂でテカテカ、化粧くずれしやすい夏は、キレイとは縁遠くなりがち。そこで注目の「冷やし美容」で、暑い夏を気持ちよく乗り切りましょう。

 

 

最近話題の「冷やし美容」、実はメリットがたくさん!

暑い夏でも冷房を気にするなど、「冷えは天敵」というのは誰もが知っていますが、実は夏の暑さでぐったり、バテたお肌には「冷やし美容」がいいというのをご存じですか? 冷やし美容のやり方は簡単。氷水に浸したタオルをキュッとしぼり、顔にのせて30秒~1分冷やすだけ。ぜひ、このコールドタオルの作り方を覚えておくだけで、さまざまなメリットがあるのです。

コールドタオルで「冷やし美容」のメリット3
1.紫外線を浴びた肌の微炎症をおさえる
2.毛穴がキュッと引き締まる
3.血行促進で美肌に期待!

 

 

 

夏の日中など強い紫外線にさらされた夏肌は、"微炎症"を起こしています。この微炎症が「メラニンを作るスイッチ」を押すことで、シミのもととなるメラニンが活性化するのですが、このメラニンの活性化まで6~12時間あるので、紫外線を浴びたその日のうちに肌を冷やせば肌の微炎症を沈めることにつながります。

また、皮脂分泌も過剰で毛穴も大きく開く夏。コールドタオルで冷やすことで、肌を引き締めて毛穴もキュッ。肌のべたつきを防ぎ、なめらかになって、メイクのりをアップさせ、メイク崩れも防げます。さらに、冷やすことで血行が促進され、乾燥によるくすみのない明るい美肌にも効果が期待できます。血管は冷たいものに触れると一瞬収縮し、その後元に戻る性質があり、その戻るときに血管が拡張、血流が一気に流れるため、血行促進されるのです。

 

 

エッセンスバームも冷やし美容でもっと気持ちよく!

肌潤エッセンスバーム 9.5g 3,500円(税抜)

キャップを外して少しくり出し、乾燥やカサつきが気になる部分にササッと塗れる、便利なスティック美容液「肌潤エッセンスバーム」。肌にすべらせると、みずみずしいジュワッとしたうるおいで、疲れた肌をピンッと元気に導く優れもの。この肌潤エッセンスバームも、冷蔵庫で冷やしておけば、冷やし美容として使えるのです。

使った瞬間からうるおいのベールをかけたような気持ちいい感触が特長ですが、冷やして使うことで、その気持ち良さは倍増! バームが肌に触れたときのひんやり感、酷使して疲れた目元まわりがスーッとほぐれていくような気持ち良さ、ほうれい線や頬がキュッと引き締まる感覚は、やみつきになりそう。汗をかいてなんとなく肌がうるおってる感があるため、保湿を手抜きしがちだったり、暑くてだるくて億劫だったり、という夏のスキンケアがとっても気持ちよくて、楽しい時間に変わるはず。

 

 

冷やしバームを使うのにおすすめのシーン、塗り方は?

冷やした肌潤エッセンスバームのおすすめの使い方やシーンを、米肌・商品企画の塩島瞳さんに教えていただきました。

「夏のお風呂上りは汗が止まらず、いつまでも顔がほてっていることも。お風呂上りに『とりあえずのスキンケア』として、冷蔵庫から肌潤エッセンスバームを取り出して、顔にササッと塗れば冷たい感触で、とても心地いい気分が得られます。また帰宅後に、1日中日差しをあびて日やけでほてった肌にも、冷涼感を感じられて、気持ちがリラックスできますよ。それから飲みすぎた次の朝など、顔のむくみが気になるときにもオススメです。メイク前に目元やほうれい線まわりに塗るとひんやり気持ちよく、引き締め感覚が実感できます」。

 

 

目もとのどんより感や疲れにも!

1日中、強い日差しの中で過ごしていると、乾燥小じわによる目もとのどんより感やお疲れ感、まばたきが重く目もとが疲れた、と不快感を感じやすいですよね。そんなときにも、肌潤エッセンスバームの冷やし美容がおすすめです。

皮膚が薄くカサつきがちな目もとを、ひんやり冷たいバームをひとなですることで、手も汚さず目もとの際までも、きちんと保湿することができます。肌潤エッセンスバームには、固形、ペースト、液状と固さの違う3つのタイプのエモリエント成分が35%も配合され、スティックを肌になでつけると、うるおいを密封する蓋の役目となる、丁度よい固さの膜をつくります。だから、疲れた目もとをうるおいで満たし、ふっくらツヤのある明るい目もとに導きます。

ただし、目もとの疲れは、スマホ疲れや睡眠不足などにも大きく関わっていて、スキンケア以外の要因もあるので、生活習慣の改善とともに冷やし美容を取り入れるのがおすすめです。目もとのコールドタオルも気持ちいいので、ぜひ取り入れてみてはいかが。

 

 

Text:Yuka Hanyuda


<関連記事>
夏は冷やして血行促進!うるツヤ肌に導く美肌の法則
睡眠前のひと手間で翌朝ふっくら!ベッドタイム美容
夕方の肌悩みワースト3をケアする、たった1つの方法