Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

夏の紫外線に負けない!“手肌年齢”にアプローチするセルフハンドケア

2019.06.07

美白に保湿。フェイスケアは万全だけど、手肌はつい後回しにしがちという人も多いのでは。特に夏は過酷な紫外線にさらされ、手肌もダメージを受けてしまうシーズン。今回は、大人女性から絶大な支持を得るトップネイリスト黒崎えり子さんに、セルフハンドケアについて教えて頂きました!

 

 

実は見られている手肌年齢、あなたは大丈夫?

「老化のサインは手元から」という言葉もあるくらい、顔よりも手を見ると実年齢が分かると言われます。maico世代は水仕事などの家事も多いのに、育児に仕事に忙しくケアの時間が取れない...。やはり、手元は年齢が出やすいパーツなのでしょうか?

「手肌はお顔よりも実年齢があらわれるパーツ。一日中よく動かしますし、水手洗いや水仕事など水に触れる機会も多く、しかも外気にさらされ、どのパーツよりも酷使してしまうのが原因です。美しい手肌や指先を保つために、本来はお顔以上の保湿ケア、エイジングケアが必要なんです」(黒崎さん)。

冬は乾燥が気になるからハンドクリームを塗っているけれど、夏はそのままなんてことも。そうしている内に、どんどん手肌のエイジングが加速してしまうんですね...。

「肌年齢と同じように、手肌にも"手肌年齢"があります。末端にある手は新陳代謝のスピードが遅く、そのためシミやシワなどが起きやすくリカバリーしにくいのも特徴。きちんとケアをしている手肌は、手肌年齢を若々しくキープすることができるので、是非、今日から"手肌年齢"を意識して、セルフハンドケアを始めてみてください!」(黒崎さん)。

紫外線対策は指先までがお約束!

肌はもちろんのこと、指先まで白く美しい手肌が印象的な黒崎さん。白さを守り抜くためには、まずは日々の紫外線対策が大切だと言います。

「お顔に日やけ止めを塗るのはもはや常識ですが、手肌を忘れていませんか? 紫外線ダメージを受けてしまうとリカバリーするのが大変なのは、手肌もお顔と同じ。手の甲はもちろん指先まで毎日しっかり日やけ止めを塗って紫外線対策をしましょう。日やけ止めは時間の経過と共に汗などで効果が薄れてしまうので、外出時は必ずUVケアグローブを着けて紫外線から手肌を守るようにしています」(黒崎さん)。

<紫外線対策>

・手の甲や指先までしっかり日やけ止めを塗る
・外出時は必ずUVグローブを着用

 

 

見落としがちな外出先でもしっかり保湿

夏場は汗や皮脂で手肌がしっとりしているような気もするのですが、実際は乾燥しているのでしょうか?

「蒸し暑い夏は、冬のような空気の乾燥はないですが、手肌や爪、指先の乾燥を引き起こす原因がたくさん潜んでいます。汗をかくので手洗いやシャワーなど水に触れる機会が増えますし、エアコンの効いた室内では湿度が低下し乾燥。また紫外線によるダメージも肌細胞内の水分を奪います。屋外と室内の温度差も、急速に汗が蒸発する時に皮脂まで奪ってしまうので乾燥の原因になります。夏こそ、外出先でこまめに保湿をすることが大切です」(黒崎さん)。

夏場におすすめの外出先での保湿テクニックについて教えてください!

「日中、手を洗ったら指先にはネイルオイル、手肌にはハンドクリームをこまめに塗るようにしましょう。外出時にはUV効果のあるハンドクリームがおすすめです。夏を快適に過ごせる保湿ケアアイテムを使用して、手肌や指先、爪を乾燥から守ってください。指先までしっかり保湿することで、乾燥が原因で起こるささくれや二枚爪も解消され、健康で丈夫な爪を育成してくれます」(黒崎さん)。

<外出先での乾燥対策>
スティックタイプの美容液は、手肌にも便利。PC作業など指の腹をベタつかせたくない時に、手の甲や指先、関節などピンポイントで保湿できます。

・水を使ったら、手にはハンドクリーム・指先にはネイルオイルを塗る
・UV効果のあるハンドクリームで賢く紫外線もカット
・スティックタイプの美容液でベタつかずにピンポイント保湿

 

 

肌潤エッセンスバーム 9.5g 3,500円(税抜)

「米肌の肌潤エッセンスバームは、うるおいあふれる肌へ導く保湿成分ライスパワーNo.7をはじめとしたうるおい成分が配合されたスティック状美容液。お顔に使う贅沢な美容液なのですが、スティック状の固形タイプでくるくると出して直接塗れるので、クリームで手がべたつくのが苦手な方の保湿ケアに◎。特に乾燥が気になる時の+ワンケアとして、指や指の節などの保湿ケアにもオススメです」(黒崎さん)。

 

 

ホームケアに取り入れたい「ハンドクリーム+マッサージ」

手肌年齢対策に欠かせない、ホームケア。スキンケア感覚で毎日に取り入れることで、手肌のうるおいを必ず実感できるそう!

「朝晩のスキンケア時、化粧水や美容液をつけたらそのまま手肌や指先にもなじませてあげてください。就寝中のハンドグローブ着用もオススメです。ハンドクリームを塗り、マッサージするようにしっかりなじませてグローブをつけて眠ると翌朝にはしっとり手肌に。これを習慣にして頂くと手肌のうるおいを必ず実感できるので、ぜひ試してみてくださいね。またスペシャルケアとして、週に1、2度ゴマージュなどで角質ケアを。手肌のくすみがとれるだけではく、角質が除去されて化粧水やクリームの浸透を高めてくれます」(黒崎さん)。

<ホームケアでの保湿>
・スキンケアの時に手肌にもそのままなじませる
・ゴマージュで角質ケア
・ハンドクリームでマッサージした後にグローブをつけて就寝

毎日の習慣にしたい簡単ハンドマッサージ

①ハンドクリームを手にとる
ハンドクリームを全体になじませます。マッサージする時は、滑りをよくするために少し多めにとるのが◎。

 

 

②指の間のすじをマッサージ
指の間のすじを親指と人さし指の第二関節ではさみ、気持ちいいと思う強さで指先方向に向かって引き上げるようにマッサージします。

 

 

③指の隅々までクリームをなじませる
指のつけ根から指先に向かって、くるくると指を回しながらハンドクリームをなじませます。

 

 

④指をはさんで引っぱる
人さし指と中指で、指を1本ずつはさんで根元から指先に向けて気持ちいいと感じる強さで引っ張ります。

 

 

⑤爪の根元を3点プッシュ
爪の根元側の角2点とその真ん中をやさしくプッシュ。血行もよくなり上部で健康的な爪の育成を促します。

 

 

⑥手のひらのツボを押す
手のひらをまんべんなく押した後、親指と人さし指の間を少し強めにプッシュしてハンドマッサージ終了です。

 

 

活潤ハンドクリーム 60g 1,500円(税抜)

「ハンドマッサージにオススメしたいのが米肌の活潤ハンドクリーム。保湿効果に加え、エイジングケアにも有効な成分が配合されているので、手肌年齢を意識する方に理想的なハンドクリームです。毎日使えば、1本使い終わる頃には確実に手肌が変わったことを実感できます」(黒崎さん)。

 

 

<取材協力> 黒崎えり子(くろさき・えりこ)
All About「ネイルアート」ガイド。ネイルサロン「erikonail(エリコネイル)」主宰。「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ」 学院長。サロンワーク、スクール学院長として後進ネイリストの育成にも力を注ぐほか、雑誌、TV等のメディアを通じて幅広く活躍している。

 

 

 

Text:Miki Umezu
Illust:Azusa Otsuka

<関連記事>
パーツモデルが教える、手荒れや老化を防ぐ「うるおい」ハンドケア
「手」は顔以上に目立っている!?手もとに磨きをかけて美の総合得点をアップするハンドケア
中身はふっくら、唇でほどける!女将に習うおいしい「おむすび」の結び方