Skincare & Bodycare スキンケア・ボディケア

米肌「つやしずく」アンバサダー限定の発売記念イベントに潜入取材!

2019.09.27

この秋米肌から誕生した、ベースメイクシリーズ「つやしずく」。その発売を記念して、米肌アンバサダーのみなさんにお集まりいただき、お披露目イベントが開催されました。イベント中には、実際にプロとして現場で活躍するヘアメイクアップアーティストが登壇し、デモンストレーションを行いながらキレイになるためのポイントを伝授。貴重なメイクレッスンも! その様子をレポートします。

 

 

米肌の新ベースメイク「つやしずく」とは?

「ライスパワーNo.7」をはじめとした美容液をたっぷり配合し、スキンケア感覚で使えるベースメイクシリーズ。仕上がりはもちろん、メイクを落とした後もみずみずしく、潤いあふれる肌が目指せます。さらに、大人の女性がメイクに求める「ナチュラル感」「カバー力」「キープ力」もしっかりおさえ、誰でも手軽に理想の肌へ。モニター調査では100%が満足と答えた、この秋冬注目のベースメイクです。

 

 

イベントでデモンストレーションを行ったのは、ヘアメイクアップアーティスト 栗間夏美さん。
広告や雑誌、CM、カタログなどで数多くのタレントやアーティスト、著名人のヘアメイクを担当。トレンドを取り入れつつ一人一人の個性を生かしたメイクを得意とし、芸能から一般の方まで幅広く支持されています。

 

 

色ムラをコントロールしてなりたい肌になれる全4色のスキンケアベース

洗練された印象になる「01ナチュラルベージュ」、いきいきとしたハリ感を出す「02フレッシュベージュ」、上品で華やかな「03ピュアピンク」、凛とした雰囲気に仕上がる「04クリアホワイト」の4色展開。肌色を均一に整えながら透明感を引き出し、毛穴レスのなめらか肌に近づけます。

 

 

◆メイクレッスン1
1色で仕上げず、パーツに合わせて多色使いを!

モデルに選ばれた方の悩みは、「肌の赤み」。手にいれたいのは「透明感」。そこで、栗間さんが最初に選んだのは「01ナチュラルベージュ」。

「赤みが気になる人はピンク系を避けるとベター。3本の指で顔の5ヵ所(両頬、あご、額、鼻)に置き、中央から外側に向かってのばしましょう。小鼻など毛穴が気になるところは、指を細かく上下に動かして毛穴を埋めて。ヨレやすい目元、口元はつけすぎないようにしてください」(栗間さん)。

そして2色目に「04 クリアホワイト」をチョイス。「頬の高いところに重ねると透明感が出ます。パーツや悩みに合わせて使い分けてみて」(栗間さん)。

 

 

みずみずしくなめらかな感触で均一になじむシェーキングタイプのファンデーション

ライスパワーNo.7をはじめ美容液を88%※配合し、みずみずしい上質なツヤ感が自然に作れるファンデーション。のびがよく質感も軽いので、肌にピタッと密着。気になる色ムラや毛穴をしっかりカバーします。乾燥や紫外線から肌を守り、くすまず崩れず、しっとりつややかな肌を長時間キープ。

※美容液は粉体をのぞくエマルジョンです。

 

 

◆メイクレッスン2
メイクは足し算、つけすぎは禁物! 少しずつ塗り重ねて。

ファンデーション選びで迷うのは、なんと言っても「色」。

「色は、手の甲や腕で確認するのではなく、必ず顔(フェイスライン)でチェック。少量を乗せたら、そのまま鏡から少し離れて見てみて。何色かを一緒に比べると、違いがわかりやすいですよ」(栗間さん)。

色が決まったら、いよいよメイク!
「3本の指でスタンプのように3ヵ所(両頬、額)へ置きましょう。一番崩れにくい頬から順に、中心から外側へのばします。フェイスラインや生え際にも忘れずに。ひと通り塗ったら、気になるところに重ね塗りしてもいいですが、あくまで『気になるところだけ』に留めてくださいね。メイクは一度つけすぎると、きれいにオフするのが難しいんです。あとでコンシーラーも使うので、素肌感が損なわれない程度の薄づきをキープして」(栗間さん)。

 

 

悩みに合わせて色もテクスチャーも異なる美容液コンシーラー

シミやソバカスをカバーする「01ナチュラルベージュ」、目元の小ジワやほうれい線をカバーしてハイライトにも使える「02ハイライトピンク」、頑固なクマも消せる「03オレンジベージュ」の全3色。悩みに合わせてそれぞれ異なるケア成分を厳選配合し、フィットしやすいテクスチャーに。自然で美しいカバー効果が長時間続きます。

 

 

◆メイクレッスン3
悩みの種類ごとに適切なカラーを使い分けて!

「色味もテクスチャーも使いやすい」と、栗間さんも絶賛のコンシーラー。

「シミ隠しには『01ナチュラルベージュ』。広範囲のシミは何本か線を描くように、小さなシミはピンポイントに点づけして。シミが隠れたら、コンシーラーの境を指の腹でトントンとなじませ、ぼかしてください。次に『02ハイライトピンク』。ほうれい線や口角の始点部分を光で飛ばすとシワやくすみが目立たなくなります。鼻の頭にも塗ると立体感が出て、鼻筋がスッと通って見えますよ。最後は『03オレンジベージュ』。これがすごく優秀で、目元のくすみやくまがパッと消えるんです。指でポンポンとのせたら、しっかりなじませてくださいね」(栗間さん)。

 

 

粉っぽさを感じず、肌にしっとりなじむツヤ肌フェイスパウダー

やわらかくフィットして、テカリや化粧崩れを防ぐフェイスパウダー。肌の凹凸をふんわりカバーして、きめ細かな肌に仕上げます。汗に濡れてもくすまない透明感持続パウダーが、自然なツヤと透明感を長時間キープ。ラインナップは肌印象をカスタマイズできる全3色。

 

 

メイクレッスン4
パーツごとに塗り方を変えて、崩れにくいツヤ肌に!

「フェイスパウダーは、パフに付けたら少し揉み込んで、粉の量を調整しましょう」と栗間さん。このひと手間が、肌のツヤ感を失わず、均一につけるポイントなのだとか。「まずは頬に塗布。乾燥しやすい部分なので、顔の中心から外側に向かって、やさしく押さえるようにつけましょう。皮脂が出やすい額、小鼻、あごは、もう少し圧をかけて押さえるイメージ。皮脂とほどよくなじみ、メイクも崩れにくくなります」(栗間さん)。

パウダーの色選びは、なりたい肌印象に合わせて選んでOKとのこと。何色か組み合わせるのも、立体感が出ておすすめです。

 

 

各テーブルにプロのメイクアップアーティストが直接レッスン。

 

 

それぞれの肌悩みに合わせてプロのメイクテクニックを伝授

 

 

みんなで仕上がりをチェック!

最後に、実際にメイクしたお顔をそれぞれ確認。「しっかりカバーできているのに、ちゃんとツヤ感がある」「肌に透明感が出た!」と、みなさん驚きを隠せない様子。また、「見た目だけでなく、肌の質感もしっとりしているはず。お家でメイクオフする前に、もう一度肌ざわりをチェックしてみて」と栗間さん。これこそ米肌ならではのスキンケア力! みなさん、大満足のメイクレッスンになったようです。

 

 

今回登場したアイテムはこちら

・つやしずく スキンケアベース
/全4色 SPF30/PA++ 20g 3,200円(税抜)

・つやしずく スキンケアファンデーション
/全7色 SPF25/PA++ 25mL 3,900円(税抜)、13mL 1,800円(税抜)

・つやしずく スキンケアコンシーラー
/全3色 4.5g 3,000円(税抜)

・つやしずく フェイスパウダー(レフィル・パフ付)
/全3色 SPF15/PA+ 9.5g 3,000円(税抜)、ケース 1,000円(税抜)